雪の北海道で壮絶リンチ! 元プロサッカー選手らが車で知人を1キロ引きずり回す

雪の北海道で壮絶リンチ! 元プロサッカー選手らが車で知人を1キロ引きずり回す

野開・ジョーダン・レイモンド容疑者(タイのプロサッカーチーム・サムットプラカーンFCの公式HPから)

 ひとつ間違えれば命にかかわるところだった。

 北海道北部・中川町の路上で知人男性を車で何度も引きずり回し、全治1カ月の重傷を負わせたとして、名寄市の板金業、岡村武弥(26)と札幌市豊平区の無職、野開・ジョーダン・レイモンド(25)両容疑者が4日までに傷害の疑いで道警名寄署に逮捕された。

 2人は昨年12月17〜20日、工事現場の仕事で知り合った男性(25)にハーネスを装着させた。乗用車の後部にある牽引フックと男性をロープでつなぎ、3人が働く工事現場まで1キロ以上にわたって引きずり回した。岡村が車を運転し、野開が後部座席から引きずられる様子を撮影。男性は全身を打撲し、肋骨を複数本折る重傷だった。

「捜査員が別の事件で被害男性から話を聞いていたところ、体にケガを負っていることに気付いた。経緯を調べ、昨年12月24日にまず岡村容疑者を逮捕。野開容疑者の共犯容疑も固まったため、年明けの4日、札幌に戻っていた野開容疑者を中島公園で見つけ、逮捕した。男性は2人からの報復を恐れ、かなり怯えていた」(捜査事情通)

■「遊び半分だった」「同意の上だった」と言い訳

 調べに対し、岡村容疑者は「遊び半分だった。昔、新雪でそういう遊びをしていた。ケガをさせるつもりはなかった」と一部容疑を否認し、野開容疑者は「同意の上だった」と供述しているという。

 本人のものとみられるSNSなどによると、野開容疑者は北海高と道都大でサッカー部に所属し、2020年にタイのプロリーグと契約。コロナでリーグ戦が中止になり、給料が支払われず、一時帰国して働いていた。

 事件現場となった中川町は、人口約1600人で天塩川を挟んだ縦長の町。岡村が住む名寄市と日本最北端の稚内市の中央辺りに位置し、それぞれの市から車で約1時間半かかる。

 冬の夜間は気温がマイナス10度を下回ることもしばしばある極寒の地だ。

 昨年10月には、鹿児島県薩摩川内市の川内川で男性作業員(50)が川へ入るよう強要され、溺死する事件があった。建設会社社員の山下昌司容疑者(43)が、同じ現場で働く下請け会社の男性の体に2トントラックの荷台に設置されたクレーンの吊り金具を引っ掛け、川の上で宙づりにした。山下は被害男性を左右に振ったり、上下に揺らしたうえ、川にドボンと沈め、引き上げた。その後、川に入るよう強要し、男性は死亡した。

 極寒の中川町の路上で容疑者2人がしでかしたことも、決して「遊び」で済むような問題ではない。

関連記事(外部サイト)