年末年始も逮捕者が…コロナ禍でも「盗撮事件」が相次ぐわけ

年末年始も逮捕者が…コロナ禍でも「盗撮事件」が相次ぐわけ

コロナ禍で素人盗撮犯が増加

年末年始も逮捕者が…コロナ禍でも「盗撮事件」が相次ぐわけ

スマホで簡単に…(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 コロナ禍でも「盗撮事件」は後を絶たない。

 年末の12月30日には、勤務先の居酒屋のトイレで女性従業員(当時18)を盗撮した神戸市のアルバイトの男(37)が、新年早々の4日には、金沢市の入浴施設の女湯で盗撮しようとした石川県の会社員の男(51)が逮捕された。

 神奈川県教委と横浜市教委は12月23日、男性教諭ら計5人を懲戒免職処分にしたが、うち4人は処分理由が盗撮だ。

「盗撮犯には2タイプあります。自分だけで悦に入るマニアと、撮った動画を売って稼ぐプロ。もちろん、いずれも許されませんが、最近はシロウトが小遣い稼ぎで動画を売ろうとして、そこから足がつくケースが増えている感じがします」(捜査事情通)

 12月9日付の日刊ゲンダイで報じたが、ネット上で「盗撮のカリスマ」と呼ばれた茨城県の無職の男(49)ら3人組(兵庫県迷惑防止条例違反で逮捕)は、マニアが集まるSNSを通じて知り合い、全国で盗撮を繰り返し、ネット上で画像を共有したり、転売。その金で撮影用機材や遠征費に充てていたとみられている。

「そこまで徹底したマニアは一握りでしょうが」と犯罪ジャーナリストの田代篤氏がこう言う。

「高性能なスマホがあれば簡単にきれいな動画が撮れますし、SNSという販売ルートもある。模倣されると困るので詳しくは話せませんが、ラブホテルにデリヘルを呼んで盗撮した“自家製”のAVも、よく売られています。むしろ最近は“仕込み”の合法AVより、そっちの方が人気だったりしますね」

 ほとんどコストをかけずに手軽に動画を作れるようになった分、安易に盗撮に手を出すヤカラも増えているらしい。

「動画の“質”や“リアリティー”によってピンキリですが、マニア間で1本5000〜1万円でウラ取引されることもある。月に100万、200万円も荒稼ぎする盗撮犯もいます。たとえ1本500円でも1000本売れれば50万円……コロナ禍でもというより、コロナ禍だからこそ、収入が減って、小遣い稼ぎの副業のつもりで短絡的に盗撮に走る連中も多い。常に目を光らせているサイバーパトロールの存在が頭から抜け落ちているのでしょうが」(前出の田代篤氏)

 犯罪に低コストもへったくれもない。捕まったら人生パーだ。

関連記事(外部サイト)