全日空グループANAウイングス機長の呼気からアルコール検出 乗客677人の足に影響

記事まとめ

  • 3日、ANAウイングスの男性機長の呼気からアルコールが検出され計5便が遅延した
  • 機長は前日に酒を飲んだが、社内規定の乗務前12時間以上前には飲酒を終えたという
  • ANAウイングスは昨年10月にも機長が二日酔いで乗務できず国交省から行政指導を受けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております