早大また醜聞 今度は大物名誉教授が「強制ワイセツ」で訴えられた!

早大また醜聞 今度は大物名誉教授が「強制ワイセツ」で訴えられた!

早大の名誉教授を猥褻で提訴

早大また醜聞 今度は大物名誉教授が「強制ワイセツ」で訴えられた!

スキャンダルが連発…(C)日刊ゲンダイ

 先月、女性准教授が、教え子の男子学生から“セクハラ”で訴えられた早稲田大学にまたスキャンダル発生である。

 今度は、理工学術院の名誉教授が、元秘書から「強制ワイセツ」で民事訴訟を起こされた。訴えられたのは、電気化学を専門としている世界的な研究者の「A名誉教授」。訴えたのは、派遣会社を通じてA名誉教授の研究室で働いていた30代の女性。

 訴状によると、強制ワイセツがあったとされるのは、2016年5月。場所は、A名誉教授が事務所として借りている東京・新宿のタワーマンションの一室。

 業務時間の終了後、女性はA名誉教授と新宿区の飲食店で会食。その後、A名誉教授から、「仕事で使う書類を取りに行くので、一緒に来て、それを持ち帰り、週明けにでも研究室に持って行って欲しい」と頼まれ、タワーマンションまで一緒に行ったという。

 部屋に入ってしばらくすると、A名誉教授は背後から抱きつき、女性の腕を後ろにねじり上げて拘束したうえで、上着をまくりあげて直接、胸を触り、さらに乳首に口をつけてきたという。女性は、何度も「やめてください」と訴えたが、なかなかやめようとしなかったという。女性が必死に説得し、ようやく解放されたという。

 その後、女性はストレスで体調を崩し、仕事に行くことが困難になり、2016年12月に研究室を退職している。

 訴訟を起こす前、すでに女性は昨年12月下旬、「強制ワイセツ」を受けたと早稲田大学に「公益通報」していた。日刊ゲンダイも、「公益通報」があったことを報じている。当時、A名誉教授は、日刊ゲンダイの取材に「そんなことないよ」と女性の訴えを否定している。

 今回、女性が裁判所に訴えたのは、大学に「公益通報」したが、いっこうにらちが明かないので、自力でなんとかしないと泣き寝入りになってしまうかも知れない、と思ったからのようだ。実際、「公益通報」から4カ月も経つが、まったく進展していないようだ。

 女性准教授を「セクハラ」で訴えた男子学生も、早稲田大学の対応に憤っていた。

「強制ワイセツ」があったのかどうかは、裁判所が判断することになるが、はたして早稲田大学は女性の訴えを真摯に受け止めていたのだろうか。A名誉教授からきちんと聴取したのかどうか。

 早稲田大学に質問したが、締め切りまでに回答はなかった。

関連記事(外部サイト)