東大刺傷事件の犯行時「偏差値73の東海高校から来た」と叫んだ神童の異常な執着心【あの騒動と事件の今】

東大刺傷事件の犯行時「偏差値73の東海高校から来た」と叫んだ神童の異常な執着心【あの騒動と事件の今】

事件現場となった東大農学部正門前(C)日刊ゲンダイ

【あの騒動と事件の今】東大刺傷事件

「偏差値73の東海高校から来た。実力はある。来年、東大を受験する!」

 東大医学部を目指していた名古屋市の東海高校2年の少年A(17)はこうわめきながら、犯行に及んだという。

 1月15日午前8時30分ごろ、大学入学共通テスト会場となった東大農学部の正門前で、Aは千葉県から来た高校3年の受験生の男女2人と通りがかりの72歳の男性を包丁で次々と切り付けた。Aはその2時間半ほど前に現場付近を下見。そして襲撃の10分ほど前には、東京メトロ南北線の電車内や東大前駅構内のホーム、改札付近、階段など8カ所以上で火のついた着火剤を投げつけた。

 殺人未遂容疑などで逮捕されたAは調べに対し、「勉強がうまくいかず、事件を起こして死のうと思った。医者になるために東大を目指していたが、成績が1年前から振るわなくなり、自信をなくした。医者になれないなら、人を殺して罪悪感を背負って切腹しようと思った。リュックに液体を染み込ませて火をつけようとしたが、うまくいかなかった」と供述した。

 Aはのこぎりやナイフに加え、4リットル以上の可燃性の液体、火炎瓶などを所持していたというから、ヘタをすれば大惨事になりかねなかった。

■犯行直前に制服に着替えた理由

 東京地検はAの責任能力を調べるため、鑑定留置を始め、5月終わりに結果が出る予定だ。

「事件直前に少年が捨てたスマホを見つけ、解析したところ、京王線の切り付け事件など、過去の無差別刺殺事件を検索した履歴があった。事件を起こす直前にわざわざ制服に着替えたのも、偏差値の高い高校に通っていることへの自負心があった。それだけプライドが高かったようだ。雑談には応じ、ファンだという女優の芦田愛菜さんの話をよくしている。勉強のできる子が好きだったのかもしれない」(捜査事情通)

 東海高校の昨年度の進学実績は、東大合格者が31人でそのうち医学部に進学する理科3類に合格したのは1人。一方、国公立大医学部は93人で14年連続全国トップを誇る。1学年約440人のうち、約400人が「内来生」と呼ばれる内部進学生で、地元中学から高校受験で入学したAは「外来生」と呼ばれていた。

「内来生は中学3年時に高1の科目を終了しているため、外来生は1年目は同じクラスに集められ、高1と高2の勉強をします。Aは2年になった時、成績上位者が属する『A群理系』クラスに入ったのですが、次第に成績が低下。100番台まで落ち、昨年9月の面談で先生から『東大に合格できる成績ではない』と告げられたそうです。外来生は皆、中学時代はトップクラスの成績で東海高校に入学してきますが、高校で成績上位を占めるのは地頭の良い内来生です。うちはもともと自由な校風ですが、外来生と内来生の間には明確な線引きがあります。Aは高校1年秋に行われた生徒会役員選挙に立候補し、『スマホの校内持ち込み禁止』を公約に掲げました。『外来生なのに選挙に出るの?』といった冷ややかな声が上がり、周囲から浮いた存在でした」(高校関係者)

 事件から約3カ月が経過し、新学期を迎えた同校へ向かった。授業を終え、帰宅途中の在校生たちに話を聞こうとしたが、「知りません」「分かりません」「ごめんなさい」「興味ありません」と皆、一様に口を固く閉ざした。

 学校から地下鉄と徒歩で約1時間、両親と弟、2人の妹が住む名古屋市内の自宅を訪れると、インターホン越しに応対した母親は「ごめんなさい」と一言。

「事件後もお母さんがお子さんと一緒に出掛けられるなど、普通に生活されているみたいです。閉じこもりきりとか、塞ぎこんでいるとか、そんな感じではありません。さっぱりとした性格の方で、肝が据わっているというか、気丈に振る舞っているようです」(近隣住民)

 東大合格が絶望的だからといって、何の関係もない人々を巻き込むとは、あまりにも身勝手な犯行というしかない。

関連記事(外部サイト)