52歳の会社経営者が運転免許不正取得…26歳下の息子に成りすました驚きの手口

52歳の会社経営者が運転免許不正取得…26歳下の息子に成りすました驚きの手口

免許更新でバレた(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 父親は息子に成りきるため、眼鏡をかけ、白髪交じりだった髪の毛を伸ばして黒く染め、整髪料でボリュームをアップしていた。

 当時24歳だった長男に成りすまして運転免許証の再交付を受けたとして、大阪府羽曳野市の電気工事会社社長、福田正人容疑者(52)が11日、有印私文書偽造、道路交通法違反などの疑いで府警羽曳野署に逮捕された。

「免許証を紛失しました」

 2020年7月、福田容疑者は和泉市の「光明池運転免許試験場」でこうウソをつき、試験場内の証明写真機で撮影した「若者風」の顔写真を添え、再交付を申請。長男名義の運転免許証を不正に取得した。

 福田容疑者は18年、免停中だったにもかかわらず、車を運転して違反を犯し、免許取り消し処分になった。

 その後、20年5月までの3年間、運転免許証の再取得ができなかったが、福田容疑者は欠格期間中に無免許で車を運転。オービスによる取り締まりで速度違反が発覚し、警察から出頭を求められた。

「無免許がバレたらマズいと考え、別のところに住む息子に成りすまして免許証を取得しようと企てたんや。名前は長男でも、申請書類に添えた写真は福田容疑者本人そのものやから、確認のしようがない。1枚は息子の顔写真、もう1枚は父親の顔写真の息子名義の免許証が2枚作られ、親子2人で同じ名義の免許証を使っとった。オービスに撮られた車の名義は福田容疑者やったから、当然、出頭要請の書類は福田容疑者の自宅に届けられる。福田容疑者は息子のふりをして『父親の車を借りていました』とウソをつき、息子の免許証の違反点数が加算された」(捜査事情通)

■長男の免許更新で発覚

 免許更新のため、昨年、門真市の運転免許試験場を訪れた長男が、再交付される前の免許証を提出したところ、「この免許証は再交付されています。なんで紛失した免許証があるんですか」と指摘され、福田容疑者の犯行がバレた。

 調べに対し、「息子の名前をかたって再交付手続きをし、自分の顔写真が貼られた運転免許証を不正に取得しました。バレんように若づくりしました」と供述しているという。

 福田容疑者は欠格期間終了後、本人名義で免許証を再取得したというが、よくも長い間、バレなかったものだ。これまで兄や弟に成りすまして不正取得が発覚したケースはあるそうだが、「親子」はなかなかない。再交付の申請書類を受けた際、「見かけ」と「実年齢」の違いに気付けば不正は防げたはず。マネをするアホが現れないことを願いたい。

関連記事(外部サイト)