セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

経営者4人を集団猥褻で逮捕

セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 会社経営者の男4人が、避暑地の別荘で乱痴気騒ぎの上、コンパニオンの体を触りまくっていた。

 強制わいせつの疑いで12日、兵庫県警捜査1課と灘署に逮捕されたのは、不動産賃貸業会長の成田晴義(71)、事務用品販売会社社長の大森誠司(61)、醤油製造販売会社社長の西海正隆(62)、空調設備会社社長の安福元則(45)の4容疑者。4人は「明石ロータリークラブ」の会員で、事件があった昨年9月24日午後6時から9時半ごろ、ロータリークラブのメンバーが所有する神戸市灘区六甲山町の別荘に集まっていた。建物は「100万ドルの夜景」といわれる神戸の街並みが眼下に広がる六甲山の高級別荘地にあり、仲間十数人で酒を飲み、ドンチャン騒ぎをしていた。当時、県内は緊急事態宣言中で、飲食店では酒類の提供が禁止されていた。

 建物内には酒をついだり、食事を取り分けたりする「接待目的」で、数人のコンパニオンがいた。4人は女性たちが助けを求められないのをいいことに、当時24歳と25歳だった女性の胸を揉むなどやりたい放題だった。事件翌日、女性の1人が県警に被害を届けた。

「お尻をちょっと触ったぐらいやったら、いわゆる痴漢行為で迷惑防止条例違反になるんやが、容疑は強制わいせつやから、それなりの酷い性的行為をしとった。相当悪質やった」(捜査事情通)

 逮捕された4人のうち成田、大森、西海の3容疑者はロータリークラブの会長経験者で、安福容疑者は明石青年会議所の元理事長として、これまで小学校を訪れ、歯ブラシや球根などを贈呈したり、募金活動や社会奉仕活動を行っていた。

「成田容疑者は明石駅の駅前にオフィスを構え、明石市や神戸市に複数の不動産を所有する資産家で、明石駅前南地区の再開発の準備組合の理事長を務めていた。2年前には明石防火協会理事として市の発展に尽くした功績をたたえられ表彰されています。西海容疑者が経営する醤油会社は明治元年創業の老舗。別会社で高速道路のサービスエリアのレストラン経営にも携わっています。大森容疑者のところはオフィス用品全般を扱う商社で家族経営をしています。安福容疑者の会社は官公庁や企業向けの空調設備、エアコンの取り付けやメンテナンス事業のほか、飲食店も経営しています」(地元関係者)

 社会的地位があり、いい年したオッサン連中が、仕事で派遣された若い女性に集団でエロ行為とは、分別がなさ過ぎる。ロータリークラブや自身が経営する会社はすでにHPを閉鎖したり、写真を削除しているが、それぞれ地元の名士として地域密着型で商売をしてきただけに、この醜聞は痛手になるはずだ。

関連記事(外部サイト)