【カルロス・ゴーン被告が保釈】前代理人の大鶴基成弁護士と地裁の面目は丸つぶれか

記事まとめ

  • カルロス・ゴーン被告の保釈請求が認められ、代理人の提案した各種制限が報じられた
  • これにより、保釈請求を退けられた前代理人の大鶴基成弁護士の面目は丸つぶれだという
  • また、『人質司法』が報じられた後で保釈を認めた地裁も同様だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております