道路にロープで殺人未遂 16歳の少年2人は模倣犯なのか

道路にロープで殺人未遂 16歳の少年2人は模倣犯なのか

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

模倣犯が出現しないか、心配になる。

 大阪府寝屋川市の道路にロープを張り、バイクで走行中の女性(77)に重傷を負わせたとして、同市在住の私立高2年の少年2人(いずれも16)が2日、府警寝屋川署に殺人未遂と往来妨害容疑で逮捕された事件。

 2人は4月29日未明に同市成田南町の市道で幅約7メートルの道路を遮る形でナイロン製のロープを張り、ミニバイクで出勤途中だった新聞配達のアルバイト女性を転倒させ、殺害しようとした疑いが持たれている。女性は左足骨折などの重傷を負った。少年のうち1人は「転んだ人を見て楽しもうと思っていた」と話し、2人とも殺意は否認しているという。

「2人は同じ私立高校の同級生で仲が良く、普段からよくつるんでいた。被害女性と面識はなく、ターゲットは自動車、バイク、歩行者と何でもよかったようですね」(捜査事情通)

 2人は女性が転倒するところを見たが、通報せずにその場を立ち去ったという。

「現場近くの防犯カメラに、2人がロープを張る映像が写っていたのが、逮捕の決め手です。前科者? 不良?初犯のようで、不良かどうかは現時点では不明です。2人とも飲酒していた形跡はありませんでした」(前出の捜査事情通)

 身勝手な犯行にはゾッとするが、同様の事件は昨年12月、神奈川県相模原市の市道でも起きていて、当時41歳のパート従業員の男が殺人未遂容疑で逮捕された。

「実は、寝屋川市の隣の四條畷市でも4月に同じような事件があったようです。その犯人はすでに捕まっていますが、関係者の間では『またか』という声が上がっていました。真似をした? 少年たちと四條畷市の事件に関連はないようです」(前出の捜査事情通)

 シャレにならない連中は多すぎる。

関連記事(外部サイト)