20代女性教員に「君を食べちゃうぞ」43歳中学教頭の仰天セクハラ

20代女性教員に「君を食べちゃうぞ」43歳中学教頭の仰天セクハラ

こんなLINEが…(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

「今からご飯食べに行かない?」「ご飯食べちゃいました」「君を食べちゃうぞー」「今から逢いたい!」「お風呂に入ってしまったんですが」「全然いいよ。なんなら一緒に」

 20代の部下の独身女性教員に、こんな卑猥なLINEを送っていた男性教頭が処分された。

 大阪府教育庁は先月31日、部下にセクハラ行為を繰り返していたとして、大阪府八尾市立中学校の男性教頭(43)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。

 教頭は2017年夏の夜、女性教員にいきなり食事に誘うLINEを送り付けた。

「2人はその年の4月から同僚になり、その頃、教頭はまだ一般の社会科の教員でした。男性教員は女性教員のことをなれなれしくあだ名で呼び、日頃からどさくさに紛れ頭や肩、腕などをベタベタ触ることもあった。男性教員が教頭に昇進したのは昨年の4月です。2人はバスケットボール部の顧問をしていて、生徒を指導中、教頭が自分の膝の上を指さし、『ココ(女性教員のあだ名)の席。ココに座って』と言ったりした」(教育庁)

 昨年5月にはこんなことも。休日の土曜日、教頭、女性教員を含む同僚5人で教頭の運転で、乗用車で買い物と食事に出掛かけた。夜になり、教頭は他の3人を送り届け、教頭と女性教員の2人になった。教頭は運転をしながら女性教員に、「昔、音楽やってたんやけど、オレのギター聞きたくない?」と言い出し、女性教員が「ええ、また機会があれば」と当たり障りなく答えると、わざわざ自宅までギターを取りに帰った。そして女性の自宅近くの人目につかない場所に車を止め、一人でギターを弾きながら、歌を歌い始め、女性教員の背中を触った。

 昨年10月、女性からの訴えを聞いた同僚職員が、八尾市教育委員会内にあるハラスメントの窓口に相談し、事態が発覚した。

 教頭は教育庁の聞き取りに「友好的な関係だと思っていた」と答えたというのだから、とんでもない勘違いヤローだ。

 セクハラLINEを送り続け、車内で2人きりにさせられ、人けのない場所でオッサンにギター片手に熱唱されたら、誰だって怖い。ちなみに教頭は妻帯者。アホな教頭がいたものだ。

関連記事(外部サイト)