性交を条件に金貸し 村役場職員が「ひととき融資」を始めたきっかけ

性交を条件に金貸し 村役場職員が「ひととき融資」を始めたきっかけ

千早赤阪村の役場(同村の公式HPから)

「貸したお金が返ってきてエッチもできる。素晴らしい融資だと思った」

 出資法違反(超高金利)の疑いで5日、大阪府警八尾署に再逮捕された同府千早赤阪村人事財政課付主査の藤田祐容疑者(36=堺市)はこう供述しているという。

 藤田容疑者は2016年8月〜19年2月、性行為を条件に金を貸し付ける「ひととき融資」と呼ばれる手口を使って、女性2人に法定金利(1日0.3%)の最大約7倍の金利で計26万円を貸し付け、利息計80万円を受け取っていた。

 インターネットで他人同士が金銭の貸し借りをする「個人間融資」の掲示板で、「お金を貸してください」と投稿している女性を見つけると、メールで希望金額を聞き出し、面接場所を伝えていた。信用情報が悪化して一般の金融機関から借金できなくなった女性に「セックスさせてくれるなら」と条件を出し、金を貸す約束をする。一緒にラブホテルなどに行き、その場で契約が成立すると、部屋で金を渡し、そのままセックスをしていた。藤田容疑者の自宅からは20〜40代の女性16人と交わした借用書が見つかり、全員と肉体関係を持っていた。

「ネットで女性とセックスできる方法を探すうちに、個人間融資の掲示板を発見したそうや。『ひととき融資』やったらセックスができる上、利息までもらえ、一石二鳥と思ったようや。ちゃっかりしたヤツやで。女性と会った際、性行為を断ったら、利息に5000円を上乗せする約束までしとったんやから」(捜査事情通)

 藤田容疑者は独身で、高利貸しで儲けては、また別の女性に融資を繰り返していた。ちなみに千早赤阪村の一般職員の17年度平均給与月額は37万7418円(40.9歳)。

 千早赤阪村は楠木正成の出身地で、大阪府唯一の村。藤田容疑者は11年4月に民間企業から中途で入り、総務課に配属。健康福祉課を経て、今年4月から林野庁に出向していた。

「素晴らしい融資」をマネする輩が次々出てきそうで怖い。

関連記事(外部サイト)