【杉並サンバ祭り火炎瓶事件】自殺の男、最愛の妻の死で生活が一変か

記事まとめ

  • 杉並区の『サンバカーニバル』会場に火炎瓶が投げられ15人が負傷した事件
  • 自殺した68歳男の知人は、最愛の奥さんを病気で亡くしてから生活が一変したと語る
  • 自宅の壁に『駐輪禁止』や『迷惑駐車』などの張り紙をするようになったとも話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております