はしか集団感染を関西国際空港などで確認 事態悪化すれば空港“封鎖”の可能性も

記事まとめ

  • はしか(麻疹)が急激に拡大し、国立感染症研究所が確認した今年の感染者数は41人
  • 関西国際空港などで集団感染が確認されており、感染者数がさらに増えることは確実
  • 事態が悪化すれば、空港“封鎖”の事態もありうると記事では警鐘を鳴らしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております