横浜市の大口病院で患者が界面活性剤の混入した点滴で中毒死 隠蔽体質が原因と批判も

記事まとめ

  • 横浜市の大口病院で入院患者が界面活性剤の混入した点滴で中毒死した事件
  • 大口病院は地元で人気だったが、後に「大口東総合病院」が開設され患者が減ったという
  • 地元のジャーナリストは、大口病院の危機意識の低さや隠蔽体質を指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております