滋賀県立高職員を懲戒免職 平日昼間に複数の場所で“校内性行為”

滋賀県立高職員を懲戒免職 平日昼間に複数の場所で“校内性行為”

また滋賀県…(C)共同通信社

えらく乱れた「教育現場」だ。

 同じ県立高に勤務する後輩の女性職員に、校内で性行為を繰り返していたとして、滋賀県教育委員会は6日、男性職員(39)を懲戒免職処分にした。

 男性職員Aは昨年8月ごろから今年4月にかけて、勤務中に女性職員Bさんと2人きりになり、校内の倉庫などで胸を揉み尻を撫で回し、日中から堂々と校内で性行為にふけっていた。

「2人は教諭ではないので、授業などは持っておらず、一日中というわけではありませんが、同じ仕事をする時間があった。年上のAはBさんを指導する立場でした。仕事の相談などを受けているうち、AがBさんの肩などをタッチし、徐々にエスカレートして体を触りまくるなど、わいせつな行為に及んだ。全部で何回ぐらい校内で性交したか? 回数までは報告されていません」(学校関係者)

 Aは倉庫以外にも校内の複数の場所で、「プレー」を楽しんでいた。しかも「校内性交」に夢中になっていた時間帯は午後3〜4時というから、よく他の教職員や生徒に気づかれなかったものだ。約8カ月の間、BさんはAの性的要求を断り切れず嫌々、体を受け入れていたという。

 ついに我慢の限界がきたBさんは4月24日、同僚職員に相談し、セクハラ行為が発覚。学校側は同じ部屋にあった机を別の部屋に移動させ、仕事内容を変更するなどして、環境面での措置を講じた。

 Aはセクハラがバレてからも約3カ月間、勤務を続けていたというから大した面の皮だ。Aは既婚者で高卒後、同校に赴任して21年間、同じ職場に勤めていた。

 県教委の聞き取り調査に対して、「体を触っても笑っていたので、だんだんエスカレートしてしまった。受け入れてもらったと勝手に思ってしまった」と話しているというから、勘違いも甚だしい。

 生徒たちは今後、「倉庫」の前を通りかかるたびに、エロい妄想を抱くはずだ。

関連記事(外部サイト)