音楽教室とJASRACの著作権料めぐる“仁義なき戦い”は法廷へ

記事まとめ

  • 日本音楽著作権協会JASRACが、音楽教室での楽曲演奏に伴う著作権使用料を徴収する方針
  • 音楽教育事業に関わる7企業・団体で構成する"音楽教育を守る会"は訴えを起こすという
  • カルチャーセンターやダンス教室、フィットネスクラブからは著作権料を受け取っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております