原子力研究機構の作業員5人が最大で2.2万Bqの被曝 がんや感染症、多臓器不全の恐れ

記事まとめ

  • 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)で作業員ら5人被曝
  • 1人の肺から長崎の原爆で使用されたプルトニウム239が2万2000ベクレル検出された
  • 発がんリスクが上がるほか、早期に免疫低下による感染症、多臓器不全などの懸念も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております