「他殺体」年間100人見逃しも 解剖医の数が足らず「自殺」や「無理心中」で処理

記事まとめ

  • 警察庁統計(2013年度)によると、届け出された死体は16万9047体(事故や震災死除く)
  • そのうち犯罪死体は514体で、犯罪に巻き込まれた可能性がある変死体は2万339体だった
  • 少なくとも100人程度の他殺は事故や自殺として処理されていると考えられるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております