13歳長女を着エロビデオに…外道の父親が荒稼ぎした金額

13歳長女を着エロビデオに…外道の父親が荒稼ぎした金額

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 年端もいかない自分の娘を着エロビデオに出演させていた“外道”が警視庁に捕まった。28日までに児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕されたのは、兵庫県に住む自営業の父親A(46)ら。
 
 Aは2015年2月、当時13歳だった長女に透ける素材や極小の水着を着せ、フリーカメラマンの白鳥千里容疑者(57=東京都福生市)に動画を撮影させた疑い。Aから動画を仕入れ、販売した映像制作会社「サンクチュアリ」社長の秋元哲容疑者(47=東京都江東区)も一緒に捕まっている。

 Aは「金儲けのために娘の幼少期を台無しにしてしまった」と供述しているらしいが、何を今さらだ。長女は8〜13歳まで5年間で計12本のビデオに出演させられ、「嫌だったけど、家の収入のために我慢していた」。けなげな娘に対して、母親まで関与した疑いが濃厚というから、まったくどうかしている。
 
「Aはアダルトビデオを企画、制作する会社を運営していて、白鳥容疑者に撮影を依頼。完成した動画を1本約1000万円で秋元に買い取ってもらっていたそうです。そこから白鳥容疑者のギャラや経費などを差し引き、1本につき500万円の利益を上げていた」(捜査事情通)

 12本で計約6000万円荒稼ぎしていた計算になるが、摘発のきっかけは、警視庁のサイバーパトロールだった。
 
「長女はビデオでかなり過激なポーズも取らされていた。内容があまりにもひどいということで捜査を進めていたところ、父親が関わっていることが分かった。母親も書類送検される予定です」(前出の捜査事情通)

 白鳥容疑者は20年ほど写真製版の仕事をしていたが、03年にフリーカメラマンに。ロリコン写真集などを出していた。秋元はAVなどを販売する傍ら、AV女優の事務所も経営していた。
 
 この国は、少女を食い物にする外道な大人が多すぎる。

関連記事(外部サイト)