声優志望女性をレイプし現金強奪 芸能プロ社長の卑劣手口

声優志望女性をレイプし現金強奪 芸能プロ社長の卑劣手口

送検される佐藤容疑者(C)日刊ゲンダイ

 31日午後2時すぎ、警視庁の捜査員が、東京・杉並区の芸能プロダクション「ヘルメス・エンターテイメント」社長の自宅兼事務所を家宅捜索した。

 その社長とは、同日、強姦致傷と強盗の疑いで警視庁に再逮捕された佐藤弘樹容疑者(33)。佐藤容疑者は5月26日、会社の事務室で声優志望の30代女性Aさんを暴行してケガを負わせた上、コンビニのATMで現金10万円を引き出すよう脅し、金を奪った疑い。

 Aさんは昨年、あるオーディションに落ち、芸能関係者に佐藤容疑者の会社を紹介された。そして今年1月、佐藤容疑者が面接を行い、契約するかどうかはAさん次第ということで、契約は交わさず、契約書を持ち帰った。

 Aさんは契約するかどうか迷っていたが、他の会社と研修生として契約を結んだため、佐藤容疑者には連絡しなかったという。そうしたら佐藤容疑者から紹介者に「Aさんはどうなったのか」という連絡が入り、Aさんは当日、佐藤容疑者に謝罪するために事務所を訪れたという。犯行時、事務所には2人以外に人はいなかった。

「Aさんは面接の時に渡された契約書を返し、『申し訳ございませんが、今回は契約するのはやめます』とお詫びしたそうです。そうしたら佐藤容疑者が突然、『ふざけんな』と激高。『契約書も返さないし、ナメてんじゃねえぞ』と怒鳴り散らしてAさんの頬を平手打ちし、両手で首を絞めるなどの暴行を加えた。そしてそのまま押し倒し、レイプしたのです。さらに口止めするために、その様子をスマホで撮影したというのですから、ゲス野郎です」(捜査事情通)

■余罪の可能性も

 佐藤容疑者のゲスっぷりはそれだけではなかった。

「Aさんをレイプした後、近くのコンビニまで連れて行き、『紹介してくれた人に迷惑かけたんだから、金を払え』『10万円渡さないといけない』と言って現金を下ろさせ、事務所に戻って支払わせたのです。Aさんは全治1週間のけが。佐藤容疑者は調べに対し、『弁護士と話してから』と供述している。実は佐藤容疑者は6月にも別の女性に無理やり契約書を書かせようとしたとして強要容疑で逮捕され、その女性に対する強姦と強盗未遂罪でも起訴されている。さらに余罪があるとみて調べを進めています」(前出の捜査事情通)

 同社のホームページによると、2014年設立。従業員は10人で、所属タレントは約90人。「下町ロケット」「相棒14」「釣りバカ日誌」「ジョブ・チューン」などのリンクが貼ってあるものの、そこそこ有名な所属タレントといえば、ロックバンド「シャムシェイド」の元ドラマー・淳士ぐらい。

 同社のインターホンを押して取材を申し込んだところ、女性スタッフが出てきて、「お引き取り願いますでしょうか」とケンもホロロだった。

 これでは悪徳プロダクションのそしりを免れないだろう。

関連記事(外部サイト)