兵庫県警で不祥事相次ぐ 勤務中の署内で巡査とセックス、上司の速度違反もみ消しも

記事まとめ

  • 兵庫県警は勤務中に警察署内で部下の女性巡査とセックスしたとして男性警部を懲戒処分
  • 県警川西署では検視する予定だった男性の遺体を、誤って司法解剖する不祥事が発生
  • 県警三田署の男性警部補が上司の男性警部の速度違反をもみ消したとして停職3カ月に

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております