金正恩氏、いつ噴火を起こしてもおかしくない白頭山からわずか120キロ地点で核実験

記事まとめ

  • 北朝鮮と中国の国境地帯にある白頭山は、いつ噴火を起こしてもおかしくない状況のよう
  • 白頭山は金正日氏の出生地とされ北朝鮮では“聖なる山”として信仰の対象になっている
  • 金正恩氏は白頭山から120キロの豊渓里で核実験を行っており、噴火を誘発する可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております