逮捕から1年…ゴーン被告につきまとう“謎のバイク”の正体

逮捕から1年…ゴーン被告につきまとう“謎のバイク”の正体

カルロス・ゴーン被告(左は外国特派員協会で会見する弘中弁護士ら)/(C)日刊ゲンダイ

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逮捕から19日で1年になるのを前に、弁護団の弘中惇一郎弁護士らが11日、外国特派員協会で会見を開いた。

 弘中氏は「検察の手元にある証拠で、犯行を立証するものはひとつもない」と東京地検を痛烈に批判。「無罪を確信している」と改めて強調した。

 ゴーン被告はほぼ毎日、弘中氏の事務所に来て、許される範囲でパソコンを使ったり、裁判記録を読んで過ごしているが、会見で弘中氏は「精神的に不愉快」な問題を明かした。

「つきまとっているオートバイがいる。ゴーンさんが家を出ると同時に、ずーっとつきまとってくる。対策を現在、考慮中です。直接誰がやっているかは分かっていますが、背後に誰がということはまだ突き詰めていない。メディアではありません」

 誰がゴーン被告につきまとっているのか――。7日付の英紙「フィナンシャル・タイムズ」(電子版)にヒントがあった。

<ゴーン被告が自宅を出発すると、3つの機関によって尾行される。警察、検察そして、かつてゴーン被告自身が経営危機から救った当該会社が雇ったと思われる私立探偵だ>

 日常的な習慣を表す現在形で書かれている。実名こそ伏せているが、「当該会社」が日産を指していることは明らかだ。日産広報部に事実関係を質問すると「我々としてコメントはありません」と、肯定も否定もしなかった。

 刑事事件に詳しい中川亮弁護士が言う。

「態様を聞く限り、監視というよりも、ゴーン被告にわざと尾行を分からせて、嫌がらせをしているように見えます。報道の通り、警察、検察、民間会社が行っているとしたら、『そんなことまでやっているのか』と国際的に問題になる可能性があります」

 “嫌がらせ”の元締は誰だ。

関連記事(外部サイト)