弘道会系組幹部2人逮捕 “指”を見せて居酒屋代踏み倒し未遂

弘道会系組幹部2人逮捕 “指”を見せて居酒屋代踏み倒し未遂

精力的に動き回る高山若頭だが…(C)共同通信社

「抗争に備えろ」ということなのか――。

 指定暴力団山口組ナンバー2の高山清司若頭(72)の出所から1カ月が経過。この間、高山若頭は中核団体「弘道会」の幹部人事の刷新を急ピッチで進めている。

 そんなさなか、名古屋市の居酒屋でエンコ詰めした指を見せ、飲み代4600円を踏み倒そうとしたとして、弘道会系の組幹部、大橋一郎(50)と押見晃(49)両容疑者が今月7日、恐喝未遂の疑いで愛知県警捜査4課に逮捕されていた。

 事件が起きたのは10月25日のこと。2人は南区の居酒屋で、もずく、カニクリームコロッケ、焼酎やサワーなどを注文。飲食中、男性店長(46)に「小指がないから指切りげんまんができん。サービスせえよ。指が3本ずつしかにゃーで。いんじゃんに負けたらタダにしろ。(一緒にいるのは)〇〇組の人で、ワシの兄弟分だ。わきゃー衆をここに連れて来たら面白れえだろうな」と、約1時間にわたって因縁をつけた。

 店長は頭を下げて必死に謝り続け、「勘弁してください」と繰り返し懇願したため、2人はようやく諦め、料金を払って店を後にした。

「大橋容疑者は以前にも店に来たことがあり、自ら暴力団の幹部だと名乗り、店長は他の客からも大橋容疑者がどんな人物か聞いていた。大橋容疑者が押見を連れてきて、店長に『兄弟分』と紹介した。2人はさらに店長を怖がらせるため、知人の男を呼び、『こいつも指が3本ずつしかないぞ』と脅していた。さすがにたまりかねた店長が警察に通報した」(捜査事情通)

■一触即発の緊迫感が増すさなか

 2人はこれまでも数々のトラブルを起こしている。

「2016年、大橋容疑者は女装して路上でポン引きしていた男性を『商売するならショバ代を払え』と恫喝し、3000円を脅し取り、さらに1000円を要求した。一方、押見容疑者は山口組の分裂後の15年、高山若頭の出身母体の弘道会系『高山組』の幹部らと共謀し、同市千種区の神戸山口組の中核団体の山健組系暴力団事務所のインターホンを壊すなどして挑発行為をした。押見容疑者はその後、再び付近を訪れた際、待ち構えていた山健組系の組員に路上で襲われ、顔面を蹴られた。分裂後、県内初のいさかいとなった」(別の捜査事情通)

 10月10日には山健組の組員2人が神戸市の事務所前で弘道会系組幹部に射殺され、8日後の18日に高山若頭が出所。緊迫感が増す中での「4600円踏み倒し未遂事件」だ。

 高山若頭も、こんな時期に何をやっているんだと呆れているに違いない。

関連記事(外部サイト)