なぜ古川組元総裁が「神戸山口組」幹部襲撃事件の一部始終

なぜ古川組元総裁が「神戸山口組」幹部襲撃事件の一部始終

井上邦雄神戸山口組組長(左)と司忍6代目山口組組長(C)日刊ゲンダイ

機関銃で蜂の巣とは、やることがエゲツなさ過ぎる。

 指定暴力団「神戸山口組」の幹部で、古川組の古川恵一元総裁(59)が27日、兵庫県尼崎市の路上で射殺された事件で、京都府警は現場から逃走した愛知県江南市の元暴力団組員、朝比奈久徳容疑者(52)を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 犯行がどのように行われたか、全貌が分かってきた。27日午後5時ごろ、古川元総裁の息子が経営する居酒屋に朝比奈容疑者がひとりで入ってきた。知人と一緒にいた古川元総裁と言葉を交わし、店の外へ連れ出した。

「パン、パン、パーン」

 朝比奈容疑者は自動小銃を取り出し、至近距離から古川元総裁に向けて銃弾を発砲。その場であおむけに倒れ込んだ古川元総裁の上半身に、さらに弾丸をブチ込んだ。その数18発。めくれ上がった上着の腹の部分からは入れ墨が見え古川元総裁は店の入り口から約1メートルの場所で、大の字の状態のまま息を引き取った。頭部付近には血だまりが広がっていた。

 朝比奈容疑者は軽自動車に乗り込み、猛スピードで逃走。犯行から1時間後の午後6時ごろ、京都府警のパトカーが、名神高速・京都南ICで降り、国道1号を走行中の対象車両を発見し、赤信号で停止した軽自動車の後ろにつけた。その瞬間、手に回転式拳銃を持った朝比奈容疑者が降りてきて、運転席と助手席にいた警察官に銃口を向けた。2人がとっさに身を伏せると朝比奈容疑者は拳銃を持ったままきびすを返し、軽自動車の後部座席から自動小銃を取り出し、両手に銃を持ち、再びパトカーの前に立ちはだかった。

 緊迫した空気が漂う中、次々と現場に急行する応援車両のサイレン音が響き渡ると、さすがに観念したのか、朝比奈容疑者は自動小銃と回転式拳銃を道路上に放り投げ、ホールドアップ。警察官が身柄を確保した。

■全面戦争に突入か?

 古川元総裁は5代目山口組で若頭補佐を務めた初代古川組・雅章組長の長男。父親の跡を継ぎ、3代目古川組元総裁に就任した。6代目山口組分裂後の2015年、神戸山口組に移籍し、昨年3月と今年7月にも、尼崎市内で襲撃されている。なぜ、古川元総裁ばかり狙われたのか。暴力団に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏がこう言う。

「痩せても枯れても神戸山口組の直参であること。そこらへんの組員を襲うより、数段インパクトがある。(襲撃された)せがれの店が尼崎市にあり、商店街を無警戒でブラブラしているから襲いやすい。ただ、古川組元総裁といっても、もはや名ばかりで身近な組員もおらず、組の体をなしてなかった。本人も神戸の上層部に『わしはもう引退したいんや』と申し入れたものの、『今年いっぱい籍を置いてくれんか』と言われたようです。気持ちはカタギだったのではないか」

 店の経営者の息子は今年5月、詐欺容疑で逮捕され、拘置所に入っているため、古川元総裁が手伝いをしていた。

「殺された3代目は親の七光いうか、威光を借りたようなところもあって、いまいち頼りないいうか、それでも威張り散らすもんやから周りから疎まれとった。どこまで本当か分からへんが、かつて(神戸山口組の中核団体の)山健組につきそうになった際、フラフラせんよう6代目山口組の幹部が数百万円を渡したんやが、カネをもろた途端、神戸山口組に寝返ったとかで、幹部連中が激怒したいう話も漏れ伝わってきた」(捜査事情通)

 朝比奈容疑者は「別の神戸山口組組員を撃つために京都に向かった」と供述している。6代目山口組ナンバー2の高山清司若頭の出所から1カ月以上が経過。ついに血で血を洗う全面戦争に突入か。

関連記事(外部サイト)