「山健組」組長を逮捕 自ら対立組織「弘道会」銃撃の疑い

「山健組」組長を逮捕 自ら対立組織「弘道会」銃撃の疑い

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

神戸市の指定暴力団山口組直系「弘道会」事務所前で今年8月に組員が銃撃された事件で、兵庫県警は3日、対立する指定暴力団神戸山口組の中核組織「山健組」組長の中田浩司容疑者(60)を殺人未遂と銃刀法違反の疑いで逮捕した。

 県警は、中田組長自身が銃撃の実行犯とみて調べている。 

 逮捕容疑は8月21日午後6時すぎ、神戸市中央区にある弘道会神戸事務所前で、この事務所に住む男性組員(51)に発砲し、腹や腕などに重傷を負わせた疑い。

 防犯カメラには、組員が事務所敷地に車を止めて降りようとした際、ヘルメットをかぶった男がスクーターを横付けし、車の中に向かって発砲して逃げる様子が写っていた。

関連記事(外部サイト)