栃木の局部露出教諭がパンティー盗撮を自己申告したワケ

栃木の局部露出教諭がパンティー盗撮を自己申告したワケ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

露出狂中学教諭は、お気に入りのコンビニ店員がいる時間帯を狙い、イチモツをベロンとあらわにしていた。

 下半身の露出とスカート内の盗撮を繰り返していた栃木県真岡市立長沼中学校の黒後丈元教諭(27)が、17日付で懲戒免職処分となった。

 黒後元教諭は今年9〜10月、出勤途中の朝6時30分ごろ、真岡市内のコンビニ店に立ち寄り、レジにいた女性店員の前でチャックを下ろしてイチモツを取り出し、見せつけた。同じ行為を3回繰り返したため、店が警察に被害届を出し、防犯カメラの映像などから、黒後元教諭を特定、事情を聴いた。

「教諭のスマホに保存されていた画像を調べたところ、下からのアングルでパンティーを撮影した動画が複数見つかった。『これは何だ?』と追及したら、カナダと都内の遊園地で盗撮したものだと認めたのです」(捜査事情通)

 真岡市では、市内の複数の中学生が参加する海外派遣があり、黒後元教諭は昨年11月、引率でカナダを訪れていた。

「期間は1週間ほどで現地の学校を訪ねて地元の学生たちと交流し、ホームステイをします。約20人弱の生徒が参加しました。そこで黒後教諭は、現地の外国人の女子生徒のスカート内を盗撮していた。カナダでも都内の遊園地でも、背後からスマホをスカート内に差し入れて撮影していました」(学校関係者)

 警察の取り調べを受け、学校にバレると思い、5日に自ら報告して発覚した。聞き取り調査に対し、「自分の性的な欲求を満たすためにやった」と認めている。黒後元教諭は3年の担当で10月中旬の発覚後、医師の診断書を提出し、休暇を取っていた。

 先月は、兵庫県の県立高校の教諭が、滋賀県のJR草津駅構内のエスカレーターで女子高生5人のスカート内にスマホを差し入れて盗撮しているのがバレ、通報された。

「教諭はネットで〈滋賀県はスカート丈が短い高校生が多い〉という書き込みを見つけ、わざわざ兵庫県から“遠征”に出かけていた。過去に1度、盗撮に成功してからやめられなくなり、3年前から月1、2回のペースで盗撮を繰り返していた」(捜査関係者)

 世の中、ロリコン変態教諭ばっかりだ。

関連記事(外部サイト)