ゴーン被告を批判する東京地検の斎藤隆博次席検事にズサン捜査の過去

ゴーン被告を批判する東京地検の斎藤隆博次席検事にズサン捜査の過去

東京地検の斉藤隆博次席検事(右)は、特捜部時代、「不合理な捜査手法」が問題視された人物(C)日刊ゲンダイ

「不合理で事実に反している」「自白を強要していないことは明白」

 保釈中に日本を脱出しレバノンに逃げ込んだ日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の会見に対し、9日の定例会見でこう反論したのが、東京地検の斎藤隆博次席検事だ。

 斎藤検事は、ゴーン被告が主張する「クーデター」などの主張について反論。取り調べの時間についても「1日平均4時間程度で、ゴーン被告の主張する8時間ということはない」と否定した。

 ゴーン被告の会見場に入れなかった日本の大手メディアの多くは、斎藤検事の反論を大きく取り上げ、「検察=真実」「ゴーン被告=嘘つき」のような図式の報道が目立つが、果たしてそうなのか。というのも、斎藤検事自身は特捜部時代、「不合理な捜査手法」が問題視された人物だからだ。

 東京地検特捜部は2009年、今回のゴーン被告と同様、国民民主党の小沢一郎衆院議員(当時は民主党)の秘書を突然、逮捕したのだが、当時、この捜査に関わっていたのが斎藤検事だった。

 この時、特捜部は連日、秘書らを長時間にわたって尋問。後に元秘書で衆院議員だった石川知裕氏の捜査報告書が田代政弘検事(当時)の「捏造」だったことが判明。田代検事は検察の内部調査に対し「(小沢議員の関与を認めた)捜査段階の供述を維持させるよう幹部から指示された」などと説明していたことが報じられるのだが、この捜査報告書をもとに、不起訴になった小沢議員に対する検察審査会向けの総括報告書を作ったのが特捜部副部長だった斎藤検事だ。

 斎藤検事はまた、秘書らの裁判では公判も担当。要するに秘書の逮捕、起訴から公判、さらに検察審査会――と、関連捜査の「すべて」にかかわっていたわけだ。結局、検察審査会によって強制起訴された小沢議員は「無罪」となるわけだが、そんな特捜部捜査の中心にいた人物が、「不合理で事実に反している」と言っても、スンナリ信じられない。

 元検事の落合洋司弁護士がこう言う。

「検察内で(小沢事件の)反省、総括があったという話もない。ずさんな捜査にかかわった人物の発言内容が今、果たして信用できるのか、と思われてしまうのはある意味、仕方がないでしょう」

 逃亡者のゴーン被告をかばうつもりはないが、過去の強引な捜査手法をきちんと反省しない特捜部もまた問題なのだ。

関連記事(外部サイト)