神戸山口組さらに劣勢に…次々浮上する引退・解散話の裏側

神戸山口組さらに劣勢に…次々浮上する引退・解散話の裏側

八方塞がりの井上邦雄神戸山口組々長(C)日刊ゲンダイ

兵庫、愛知など6府県の公安委員会に「特定抗争指定暴力団」に指定された指定暴力団「6代目山口組」と「神戸山口組」。対立抗争が相次いだことを受け、両組織の活動を厳しく制限する措置だ。これにより、既に劣勢に立たされた神戸山口組が一層、追い込まれる可能性が出てきた。

「特定抗争指定暴力団の指定をめぐり、大阪府公安委員会が先月23日に設けた意見聴取の場に、神戸山口組『黒誠会』の笹昭組長が出席したのには驚いた。それも神戸山口組の井上邦雄組長(71)の代理いうことやった。何もかもが初めていうことで、住んでる家が使われへんようになるんか不安やったようやが、両組織を通じて、出席者は初めてやったし、それが井上組長の指示いうんやから、何らかの思惑があったんやろ」(捜査事情通)

 昨年10月、6代目山口組の高山清司若頭(73)の出所以降、両組織の勢力図は大きく変化した。まず11月27日、神戸山口組の古川恵一幹部(59)が、兵庫県尼崎市内で6代目山口組弘道会系の元暴力団員に自動小銃で射殺された。

「殺害された古川幹部はシノギに困り、先代である父親から受け継いだ古川組の総裁を引退し、息子が経営する飲食店を手伝っていた。捜査員にまで『金がないんや』とコボしていた。それほど神戸側の台所事情は苦しかった」(別の捜査事情通)

 先月3日には神戸山口組の中核組織「山健組」の中田浩司組長(60)が6代目山口組組員を負傷させたとして殺人未遂容疑で逮捕。同13日の神戸山口組の納会の日には、最高幹部で有力組織「太田興業」を率いる太田守正舎弟頭補佐(82)が引退を表明し、解散届を提出した。

 太田組長は即破門され、ピリピリムードの中、納会は終了。対する6代目側は余裕シャクシャクだ。その夜、神戸入りした高山若頭は、三宮のクラブで仲間と酒を酌み交わしていたという。

「神戸側の組員の高齢化や活動資金が不足する中、今回の特定抗争指定が追い打ちをかけるのは間違いない。6代目側の神戸側に対する切り崩しが進み、組員の引き抜きが相次いでいる」(前出の捜査事情通)

■九州と首都圏でも

 実際、ここに来て神戸側の引退、解散話が次々と浮上している。

「ひとつは九州のある組織や。もともと歴史のあるところで、分裂してから組幹部が6代目側に襲われたことがある。もうひとつは首都圏にある団体や。組長が病気のため引退を決意し、組ごと6代目の2次団体に移籍させようとしたんやが、幹部連中の猛反対におうたようで、結局、解散の道を選んだそうや」(他の団体の関係者)

 山口組分裂から4年半。いよいよ追い詰められた神戸山口組は、どう出るのか。


関連記事(外部サイト)