高級外車に次々と傷をつけ…74歳男性の呆れた動機と周到さ

高級外車に次々と傷をつけ…74歳男性の呆れた動機と周到さ

高級車が次々と被害に…(写真はイメージ)

「自分が高級車に乗られへんもんやから、焼きもちを焼いて傷つけたんや」

 調べに対し、こう動機を話しているという。

 高級車ばかりを狙って車体数カ所に線のような傷をつけたとして、奈良市あやめ池南の無職、藤田修三容疑者(74)が13日、器物損壊の疑いで奈良県警奈良西署に逮捕された。

 昨年12月25日午前11時ごろ、藤田容疑者は奈良市あやめ池北のコインパーキングに停車中のBMWのドアやボンネットなど数カ所に硬い道具を使って傷をつけたとされる。

「昨年末、周辺ではベンツやアウディ、プジョー、レクサスなど高級車十数台がイタズラされる被害申告が相次いだ。コインなのか鍵なのか、それとも針金のようなものか、シューッと引っ張ったような傷がついとった。防犯カメラの映像と周囲の聞き込み、張り込みなどから、藤田容疑者が捜査線上に浮かび上がった。それで辺りを警戒しとったんや」(捜査事情通)

 すると1月11日、藤田容疑者の行動確認をしているまさにその時、捜査員の目の前で戸建て住宅の玄関先に飾ってあった「しめ縄」を盗んだため、現行犯逮捕した。

■周辺では奇妙な事件が頻発

「高級車が傷つけられた場所いうんは、近鉄奈良線の菖蒲池駅北側で、高級住宅街として知られとって敷地の広い家が多い。そういうところやから特殊詐欺の被害者もようけ出とる。外車で買い物に出掛ける主婦もおるから、狙われたんやろうな。しめ縄を盗まれた家も車を傷つけられた被害者も藤田容疑者と一切面識はなく、単なる嫌がらせやった。ただ、本人が言うように高級車に乗られへんいうても小ギレイなマンションに住んどるし、金に困っているようにも見えへんかったわ。嫁も子供もおってボケた感じもせえへんし、受け答えやってしっかりしとる。腹いせやストレス発散の類いやと思うけど、とにかくタチが悪いわな」(前出の捜査事情通)

 奈良西署管内では、このところ、奇妙な事件が頻発。今月7日には学習塾の経営者が女子生徒の首と両足を犬用の首輪で結束し、個別授業を受けさせ、逮捕監禁の疑いで逮捕されたばかりだった。

 近隣住民たちは相次ぐけったいな事件に、さぞ不安と恐怖を感じていることだろう。

関連記事(外部サイト)