「任侠山口組」から「絆會」へ名称変更したホントの理由

「任侠山口組」から「絆會」へ名称変更したホントの理由

織田代表はどう出るのか(C)日刊ゲンダイ

指定暴力団「任侠山口組」が12日、組織の名称を「絆會」に変更し、同日付の通知文で傘下組織に通達した。これまで使用していた6代目山口組と神戸山口組と同じ「山菱」の代紋も変更する。

 2015年8月、「山口組」が分裂して「神戸山口組」を結成。さらに17年4月には神戸山口組の若頭代行を務めていた織田絆誠代表(53)ら一部勢力が同組から離脱し、任侠山口組を設立した。

 分裂から3年を迎えた18年8月には、任侠山口組が解散した上で6代目山口組が構成員を受け入れる動きが伝えられたが、結局、話は物別れに終わり、一緒になることはなかった。

■「特定抗争指定回避のため」ともっぱらだが…

 以降、表立った対立抗争は減ったが、昨年10月、6代目山口組の高山清司若頭(72)が出所すると、状況は一変。神戸山口組の古川恵一幹部(当時59)が自動小銃で射殺されるなど、抗争は一気に激しさを増した。これを受け、兵庫、愛知などの6府県の公安委員会は「6代目山口組」と「神戸山口組」を、両組織の活動を厳しく制限する「特定抗争指定暴力団」に指定し、7日に発効。任侠山口組の名称変更は、まさにその直後のことだった。

「『山口』の名前を外すことで『6代目』と『神戸』とは一線を画し、特定抗争指定暴力団の指定から逃れるとともに、両組織との対立を回避する狙いがあるとみられています。そもそも『山口』の看板を掲げていること自体『6代目』から許されていなかった上、同じ代紋まで使っていたのですから、それだけで反感を買っていた」(捜査事情通)

 今回の通知文には「結成当初より、真の任侠道を取り戻すべく、脱反社を最終目標に掲げ、その為にも先ずは山口組の再統合と大改革を目指して参りました」と明かされている。

「新たな代紋のデザインは、〇の中に絆の1文字が入っとる。言うまでもなく、『絆』は織田代表の名前から取ったもので『永遠に切れることのないように』いう願いが込められとるそうや。つまり、その先にあるのが山口組の再統合ちゅうことや。一時は勢いがあった神戸山口組も直参が次々引退を表明し、有力組織が相次いで解散したことでガタガタになった。6代目も一気に切り崩しにかかっとる。今後の動きを見据え、交渉のテーブルにつきやすい立場におった方がええいう判断ちゃうかな」(絆會に詳しい関係者)

 5年続く山口組の分裂劇も、新たな局面を迎えそうだ。

関連記事(外部サイト)