元顧問弁護士・山之内幸夫氏が語る「山口組分裂騒動」の根源と今後の行方

【山口組の分裂騒動】元顧問弁護士の山之内幸夫氏「抗争を封じられれば持久戦」と指摘

記事まとめ

  • 山口組の分裂騒動は、6代目山口組と神戸山口組との対立抗争が一層熾烈となっている
  • 「山口組はどう変わっていくのか?」を元顧問弁護士の山之内幸夫氏に直撃した
  • 「高山若頭の復帰で6代目が結束を強める一方、神戸山口組は求心力に陰り」と指摘

元顧問弁護士・山之内幸夫氏が語る「山口組分裂騒動」の根源と今後の行方

元顧問弁護士・山之内幸夫氏が語る「山口組分裂騒動」の根源と今後の行方

元山口組顧問弁護士の山之内幸夫氏(C)日刊ゲンダイ

【注目の人 直撃インタビュー】

 元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏

 2015年8月に山口組の分裂騒動が勃発。司忍6代目組長が率いる6代目山口組と、4代目山健組の井上邦雄組長をトップとして結成された神戸山口組との対立抗争が続いていたが、昨年、6代目山口組の高山清司若頭が出所してから一層熾烈に。これを沈静化しようと、今年に入り両者は「特定抗争指定暴力団」に指定され、今後の動きに注目が集まっている。山口組はどう変わっていくのか? 山口組を熟知した元顧問弁護士の山之内幸夫氏を直撃した。

■去るも地獄、残るも地獄

 ――今月「山口組の平成史」を上梓されました。なぜ今、出版する運びになったのですか?

 私は約40年間、山口組の顧問弁護士という立場で彼らと接してきました。暴力団を排除する社会の締め付けが行くところまで行ってしまった現在、元身内同士で喧嘩している場合ではありません。分裂の当初から、「去るも地獄、残るも地獄」と苦渋の心境を打ち明けてくれる神戸の幹部がいたほどで、分裂が山口組の体力を著しく奪っているのは間違いありません。そのことに目覚め、一刻も早く終息に向かってほしい。関係者に対してもそんな思いも込めて、最後のご奉公のつもりで本を書いたのです。

 ――山口組の立場は平成から今に至るまでどう変わったのでしょうか。

 平成はヤクザが我が世を謳歌した時代ではありました。しかし後半からは暴力団排除の嵐で世間から人として認めてもらえず、シノギも枯渇し、底辺へ突き落とされた。中でも山口組はヤクザ業界のリーダー格として絶頂と地獄の激しい落差を経験しているわけです。現在、ヤクザとして生きていくということは、人権がないのと同じです。マンションは借りられない。銀行口座は持てない。車のレンタルすらできない。ホテルに泊まれない。葬儀場は使えない。携帯電話は買えない。宅配業者は荷物を受け付けない。子供は学校でいじめられる……。60歳の老組員が郵便局でバイトをしたら「暴力団組員の身分を隠していた」と詐欺罪で逮捕されました。担当者に勧められるままに40年以上も加入していた生命保険を見直したら「暴力団組員と申告しなかった」とやはり詐欺罪で逮捕された件もあります。

 ――なぜそういうことが起こるのでしょうか。

 1991年に「暴力団対策法(暴対法)」が制定され、暴力団は社会から排除されるべき「反社会的勢力」となった。追い打ちをかけたのが、2000年に入ってからの地方公共団体の条例「暴力団排除(暴排)条例」です。生活保護費を支給しない。公共工事から排除する。ホテルの利用や銀行取引の拒否。子供が入学時に保護者が組関係者でないことを伝える証明書の提出。証券・不動産・生命保険などあらゆる業界からの排除。こうした規制が次々に決められ、ヤクザは社会生活を営めない状況になったのです。暴対法では規制する対象が暴力団だったのが、暴排では暴力団に利益提供する一般人も規制対象になっているのも特筆すべき点です。

 ――人として扱われたいならヤクザをやめればいいのでは?

 確かにそういう声は聞こえてきます。しかし暴排の対象は「暴力団員でなくなって5年を経過しないもの」や「密接関係者」にまで広げられています。やめて5年間はヤクザに準じて差別を受け、生計を立てる術がない。これは、ヤクザの家族も含みます。そもそもヤクザの完全消滅は現実的に不可能でしょう。

通常の社会システムでは生きられない人の受け皿

 ――なぜですか。

 ヤクザが、通常の社会システムで生きられない人たちの受け皿になっているからです。彼らがヤクザになる大きな理由に、厳しい成育環境があります。差別、貧困、一家離散、無学歴……。それでも親の愛情を受けて育ってきたならいい。親の愛情が欠落し、すさんだ幼少年期を過ごした子供は、「まともに働いてなんていられるか」と思うようになる。そんな彼らがヤクザになる。しかし社会的不適合者といっても、ヤクザには夢がある。極道としての出世の階段を上っていけば、権力やお金を手に入れられる。通常の社会システムの中では落ちこぼれであっても、過去の実績や学歴などに関係なく、上り詰められる。

 ――もしヤクザがいなくなれば、それに代わる「悪」が登場してくる?

 そうも言えるでしょうね。しかし警察も、本気でヤクザを潰そうとはしていませんよ。なぜなら、日本のヤクザが諸外国のマフィアと大きく違う点が「公然性」だからです。警察がすべての構成員を把握している。これは他国の組織犯罪集団では例を見ません。誰が指揮しているのか全貌が見えづらい「半グレ」や特殊詐欺集団と比べれば、街中に看板を掲げる日本ヤクザの特殊性がわかるはずです。もし警察が、ヤクザを本当に解散させたければ、暴力団壊滅のスローガンを掲げ“結社罪”を作って追い込めばいい。しかしそうはしません。一方、6代目山口組の司組長はかつて新聞のインタビューで「地下に潜る道も知っている」と述べていますが、警察を牽制しているだけで、本音は地下になど潜りたくないはず。

 ――警察とヤクザの思惑が一致している状態なのですね。

 ただし、今の警察のやり方はヤクザをいじめ過ぎです。このままいけば、ヤクザは看板を下ろして地下に潜らざるを得なくなる。日本ではヤクザが取り扱いを禁止しており、欧米と比べて麻薬の蔓延が少ないのですが、地下に潜れば商売は麻薬中心になる。特殊詐欺のように誰が組織犯罪を束ねているのか警察も市民も見えなくなる。治安対策としても得策でないのは明らかでしょう。

 ――山之内さんは81年に3代目山口組本部長の顧問弁護士、84年から山口組顧問弁護士を務めています。どういう経緯だったのですか。

 本部長の小田秀臣さんが金融業をやっていたため、専門的な知識が必要ということで、私に話が来たのが最初です。あくまでも会社の顧問ということだったのですが、田岡親分の直参若衆だった宅見勝組長の要請で山口組のヒットマンの弁護をするようになり、宅見さんが竹中4代目体制で若頭補佐に就任した時、正式に顧問弁護士になってほしいと要請されました。結果的に、2014年に建造物損壊教唆罪で在宅起訴、15年に有罪が確定し、弁護士資格を剥奪されてしまったのですが……。

 ――後悔は?

 それは全くないですね。ヤクザの現状を知るにつれ、一般人では罪に問われなくても、ヤクザに対しては厳しい罪に問われることに「弁護士である以上は法の不公正な運用を見過ごせない」との思いに駆られるようになってきた。ヤクザにだって裁判を受ける権利もあれば人権がある。弁護士であるならそれを守らなければいけない。

  ――改めて山口組の分裂理由は何だったのでしょう。

 6代目になって急激な中央集権化が強行されますが、それに対する反発と山健組の弱体化への危機感ですね。井上組長は体力のあるうちに立たないと、余力のすべてを奪われては後の祭りになると感じたのでしょう。ただ、背景として平成不況と暴排がもたらした経済的苦境が影響しています。 

  ――今後どのようになるのか。

 抗争を封じられれば持久戦。どちらが体力を消耗せず、求心力を維持できるかにかかってきます。司令塔・高山若頭の復帰で6代目が結束を強める一方、神戸山口組は求心力に陰りが見える。組織の結束を維持できなくなれば傘下組員がバラバラになり自然消滅すら考えられるでしょう。神戸には山健組や宅見組など山口組の屋台骨を支えてきた名門組織もあり、6代目側もそれを潰してなくしたいわけではない。双方の体力差にはっきりと勝負がついた段階で誰かがリングにタオルを投げてほしい。双方の親分を知る私にその役目が回ってくれば喜んで助太刀したいと願っています。

(聞き手=和田真知子/日刊ゲンダイ)

▽やまのうち・ゆきお 1946年香川県生まれ。早大法学部卒。72年司法試験合格。大阪弁護士会登録。3代目山口組本部長・小田秀臣組長の顧問弁護士を経て、84年から山口組顧問弁護士。88年には小説「悲しきヒットマン」を発表、映画化される。2014年建造物損壊教唆罪で在宅起訴、15年に有罪が確定し弁護士資格を失う。主な著書に「山口組 顧問弁護士」(KADOKAWA)、「日本ヤクザ『絶滅の日』」(徳間書店)など。

関連記事(外部サイト)