文大統領は「#しない運動」品薄マスクを手頃価格で安定供給

文大統領は「#しない運動」品薄マスクを手頃価格で安定供給

地下鉄の車内で露天商がマスク売り(C)日刊ゲンダイ

【韓国「コロナ戦争」現地ルポ】#2

 今月9日から薬局や郵便局などでマスクの制限販売が始まった。購入日は生まれ年の末尾によって決められる。例えば月曜日は末尾が1と6で、1986年生まれや2001年生まれなどが対象。火曜日は2と7、水曜日は3と8、木曜日は4と9、金曜日は5と0といった具合だ。週末は対象日に買いそびれた人たちが購入できる。1週間に2枚まで、計3000ウオン(約259円)。薬局は卸価格1枚1100ウオン(約95円)のマスクを1500ウオン(約129円)で売るため、儲けは400ウオン(約34円)だ。こうした情報が公開されるのも日本よりも透明性を感じるところだ。

 先週末、筆者が薬局でマスクを買おうとすると、住民登録番号の提示を求められて断られた。「自分のような短期滞在者はどうするのだ?」と抗議すると、「ちょっと待ってくれ」とのこと。すると、カウンター下の段ボール箱から黄砂、花粉用のマスクを取り出し、5枚で1万ウオン(約865円)だというので購入した。

 一方で、飾り棚には1枚4000ウオン(約346円)の値札が付いたマスクがずらっと並んでいる。近くの書店でもレジ横に1枚3000ウオンのマスクがさりげなく陳列されていた。

 他の薬局ではパスポートを提示して2枚3000ウオンで買えた外国人もいて、マスク販売は場所によってバラつきがあるようだ。

 地下鉄の車両を移動しながらマスクを売る露天商も見かけた。1枚3000ウオンで、2枚買えば5000ウオン(約432円)に値引き。数枚買う乗客の姿もあった。

 韓国マスコミがマスク不足を「マスク大乱」と報道する中、文在寅大統領は先々週から「#マスクをしない運動」を始めた。「今すぐ必要な人にマスクを譲ろう!」という趣旨で、青瓦台(大統領府)の閣議や首席秘書官・補佐官会議にマスクをつけないで臨む場面が報じられている。

 マスク生産大国の中国は韓国への輸出を再開し、第1弾は500万枚。地方自治体も独自ルートで中国から輸入を始め、釜山市南区は27万枚を入手。住民1人当たり3枚を配布し、残り10万枚は医療機関に送ったという。

(太刀川正樹/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)