2億6000万円荒稼ぎ 半グレ売春組織がシノギにしていた「ちょんの間」の評判

半グレ集団『風花一門』のリーダーを再逮捕 『信太山新地』で売春組織を運営し荒稼ぎ

記事まとめ

  • 半グレ集団『風花一門』リーダー・橋本慎也容疑者が売春防止法違反などで再逮捕された
  • 橋本慎也容疑者は『信太山新地』で2つの旅館を経営し、現金約2億6000万円が押収された
  • SNSなどで女性をスカウトし、売春組織を形成して荒稼ぎしていたという

2億6000万円荒稼ぎ 半グレ売春組織がシノギにしていた「ちょんの間」の評判

2億6000万円荒稼ぎ 半グレ売春組織がシノギにしていた「ちょんの間」の評判

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

大阪・堺の半グレグループが「ちょんの間」をシノギにしていた。

 大阪の5大新地の1つ「信太山新地」(和泉市)で女性らと売春契約を結んだとして、半グレ集団「風花一門」のリーダーで、性風俗店経営者の橋本慎也容疑者(40)が17日、売春防止法と職業安定法違反の疑いで、府警生活安全特捜隊に再逮捕された。

 橋本容疑者は、信太山新地で2つの旅館を経営し、府警は旅館の責任者の青木萌恵(26)、スカウト担当の和田龍真(35)と竹本昇司(29)の3容疑者も逮捕。旅館や関係先20カ所以上をガサ入れし、現金約2億6000万円を押収した。

 信太山新地には30軒ほどの旅館があり、橋本容疑者らは経営する「姫沙羅(ひめしゃら)」「初代」に男性客を呼び込み、近くで待機している女性を派遣し、売春をさせていた。

「組織ナンバー2の青木容疑者は営業責任者で、橋本容疑者の情婦とみとる。和田容疑者と竹本容疑者の下には十数人のスカウトや仲居、旅館の従業員、売春婦らがおって、60人ほどで売春組織を形成しとった。その全員が半グレグループのメンバーいうことや。ヤツらはSNSなどで女の子をスカウトし、契約を結んどった。売春婦は常時10人ほどおり、なかなかの評判やったようや」(捜査事情通)

 料金は15分8500円からというから、あの飛田新地の相場1万1000円より、かなり安い。

「信太山は飛田新地とかと違って、女の子の『顔見せ』がないシステムです。『スタンド』と呼ばれる場所で待機し、仲居に呼ばれたら旅館に行って客の相手をします。パネル写真やHPもないため、顔バレ、身バレのリスクが低い。部屋も広く清潔でシャワーも付いている。時間が短いため、過剰なサービスや難しいテクニックを求められることもないので、小遣い稼ぎがしたい若い子が集まってくるのです」(風俗ライター)

 それにしても押収額2億6000万円とは、単純計算で3万人以上が利用したことになるから驚きだ。

関連記事(外部サイト)