30人から集めた金2億円 63歳ペテン祈祷師「ダマシの口上」

「お金を浄化したら解決」現金騙し取り祈祷師逮捕 過去にも同じ手口で1億円超詐取

記事まとめ

  • 客から現金をだまし取ったとして、兵庫県の祈祷師が逮捕された
  • 開運祈願のために祈祷所を訪ねた客に「お金を浄化したら解決する」と説いていたという
  • 過去にも同じ手口で体調不良に悩んでいた女性などから1億円以上を詐取し、有罪が確定

30人から集めた金2億円 63歳ペテン祈祷師「ダマシの口上」

30人から集めた金2億円 63歳ペテン祈祷師「ダマシの口上」

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「お金を浄化したら解決する」

 開運祈願のために祈祷所「龍錵神占」を訪ねた客にこう説いて現金をだまし取ったとして、兵庫県たつの市の祈祷師、川崎正吾容疑者(63)が詐欺の疑いで県警姫路署に逮捕された。「だますつもりはなかった」と一部容疑を否認している。

 川崎容疑者は「鑑定士 上滝智義」と名乗り、健康や商売、ノイローゼ、不眠症、夫の浮気や暴力、恋愛や対人関係などに関する占いをしていた。鑑定料は1件3000円だった。

 浄化を理由に複数回にわたって現金を持参させられ、約900万円をだまし取られた女性(62)が3月中旬、告訴状を提出。川崎容疑者は今月19日に県警たつの署に出頭し、「約30人に約2億円返さないといけない。金が回らなくなった」と話し、20日に逮捕された。

「祈祷所をやっていることを近所に触れ回り、客を集めとったんや。子供の将来を案じて相談に来た客には、<四国の寺に行ってお金を浄化してくる。半年経って浄化が終われば、全額お返しします>とウソをついとった。金を集めては半年が経過した別の客に返済し、残った金をギャンブルにつぎ込んどったんや。相当、口がうまかったようやが、自転車操業やったもんやから、ついにめくれてもうたんや」(捜査事情通)

 川崎容疑者は2004年にも同じ手口で体調不良に悩んでいた女性を含む男女数人から1億円以上を詐取し、有罪が確定。6年の懲役をくらっている。

「電話帳に広告を載せて客を集め、自宅兼雑居ビルの一室で神宝占いとかいうのをやり、<悪い霊が見える。体が痛いのはそのせいだ>と適当なことを言うて信じさせとった。当時、川崎容疑者は消費者金融に約1000万円の借金があり、残った金は全額、競艇につぎ込んどったんや。その時は<浄化は金をだまし取るためのウソでした>と容疑を認めた」(前出の捜査事情通)

 懲りないペテン祈祷師だ。

関連記事(外部サイト)