“迷惑系ユーチューバー”へずまりゅう コロナ大拡散の最低行状

迷惑系ユーチューバー「へずまりゅう」コロナ感染 濃厚接触者は全国各地に?

記事まとめ

  • 自称ユーチューバー「へずまりゅう」は窃盗で逮捕され、その後コロナ感染が判明した
  • へずまりゅうが観光で立ち寄った山口県と留置所で新型コロナの感染者が出ている
  • 6月には東京、千葉、静岡、広島に滞在し、濃厚接触者は相当な数に上るとみられる

“迷惑系ユーチューバー”へずまりゅう コロナ大拡散の最低行状

“迷惑系ユーチューバー”へずまりゅう コロナ大拡散の最低行状

魚の切り身を食べる原田容疑者(ユーチューブから)

自らを「迷惑系ユーチューバー」と称していたが、もはや「犯罪系ユーチューバー」だ。

 窃盗の疑いで11日、愛知県警岡崎署に逮捕された自称ユーチューバー「へずまりゅう」こと原田将大容疑者(29)は、観光で立ち寄った山口県と留置された岡崎署で新型コロナウイルスをまき散らしていた。

 山口県の村岡嗣政知事は17日、記者会見を開き、原田容疑者が訪問した場所をパネルで説明しながら、「マスクを着けておらず多くの人と接触を繰り返していた。山口に来る前も高熱を出していたという報道もある。一方的に接触する行為自体信じられない。一体何てことをしてくれるんだ」とカンカンだった。

「迷惑系ユーチューバー」として、一部で名前が知られていた原田容疑者は今月10日、SNSで行き先を発信。錦帯橋(岩国市)や湯野温泉(周南市)、防府天満宮(防府市)といった観光地を訪れ、集まった人たちと記念撮影や握手を交わしていた。焼き肉店で原田容疑者と食事をした20代の男子大学生と、別の席にいた20代の女性医療従事者の新型コロナの感染が確認された。

 県健康増進課の担当者がこう言う。

「へずまりゅう氏はSNSで訪問先を告げ、自分に会いたかったら、その場所に来るようアナウンスしていました。それで焼き肉店に行ったのが大学生でした。呼び掛けに応じた他の数人らと食事をしたようです。たまたま居合わせた女性らのグループのところへも行き、同じテーブルに座り、話し掛け、握手までしたそうです」

 県が把握しているだけで、原田容疑者は午前4時〜午後11時の間に県内8カ所に立ち寄っていた。6月29日までさかのぼると東京、千葉、静岡、広島に滞在し、ユーチューバー活動をしていたようだから、濃厚接触者は相当な数に上るとみられる。

留置場で発熱し警察官まで感染

 翌11日、原田容疑者は5月に岡崎市内のスーパーで魚の切り身1パック(428円)を盗んだとして、山口県内のホテルの駐車場で逮捕された。

「店内でパックのラップを破り、手づかみで魚を口に入れ、空の容器と1000円札を手にしてレジに持っていく様子を知人に撮影させ、ユーチューブに投稿していた。本人は店員を困らせて面白がっていたのだろうが、動画を見た店長が被害届を提出した。警察は金を払う前に商品を開封して、食べる行為が窃盗に当たると判断した」(捜査事情通)

 原田容疑者はそのまま岡崎署の留置所にブチ込まれたが、13日に発熱し、15日に新型コロナの感染が確認された。その後、原田容疑者と同じ部屋で勾留されていた20代の男1人と、刑事課の20〜40代の男性警察官3人の感染が判明したため、署は留置の受け入れを停止し、原田容疑者を別の留置場に移している。

 何が楽しいのか、原田容疑者はこれまで全国各地で迷惑行為を繰り返してはユーチューブにアップし、何度もアカウントを強制閉鎖されている。6月29日には、都知事選へ出馬した「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首が、JR新橋駅のSL広場で行った街頭演説に参加。立花党首と選挙カーの上に立ち、「ユーチューバーは前に来い!」と聴衆をあおり、口角泡を飛ばしていた。

 今後、全国各地で「被害者」が出るかもしれない。

関連記事(外部サイト)