ナニワ「アビス」と岡山の半グレがキャバクラ経営者を襲撃

ナニワ「アビス」と岡山の半グレがキャバクラ経営者を襲撃

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

■トラブルの発端はキャバ嬢へのちょっかい

 かつて大阪府下最大の規模を誇った半グレ集団「アビス」と岡山のグループが手を組み、キャバクラ経営者をフルボッコにしていた。

 トラブルになった40代の男性2人に集団で暴行を加えたとして大阪府警捜査4課は17日、半グレ集団「アビス」のリーダー菅野深海(21)、ナンバー2の野口直人(22)、幹部の林健太(22)、榊原陵央(22)、山本凌雅(23)の5容疑者と19歳の少年2人を逮捕した。

 5月5日未明、JR新大阪駅近くの繁華街、西中島南方のキャバクラ店前の路上で、キャバ嬢2人が交友関係を巡って口論していた。そこに通り掛かった林容疑者が2人にちょっかいを出した。その様子を見ていたキャバクラ店の経営者が、「おまえ、うちの店の女の子に何してんねん。何、手出してんねん。コラ」と林容疑者の胸ぐらをグッと掴んだ。周囲の制止もあり、いったん騒動は収まったものの、話を聞きつけた野口容疑者がキャバクラで飲んでいた別の40代男性に電話し、「さっきの喧嘩、どう落とし前つけてくれんねん」と因縁をつけ、男性と経営者の2人を呼び出した。

■鉄パイプと金属バット使い14人で集団リンチ

 2人が野口容疑者に指示された現場に着くと、車の中から半グレが次々飛び出し、鉄パイプと金属バットで2人をボッコボコに。集団は、菅野容疑者らの求めで加勢した岡山グループの榊原容疑者ら6、7人とアビスグループの14人で、男性2人に顔の骨を折るなど重傷を負わせた。いまだ8人が逃走している。

「深海は一昨年11月に解散届を出したんやが、公安委員会が指定するヤクザと違って、そもそも半グレ自体認めてないんやから、解散もクソもないわ。20歳の誕生日の直前やったから、量刑対策やったんちゃうかな。メモに『解散します』って汚い字で書かれとったんやが、そんなもん今となっては何の意味もあらへん。深海と野口は昨年11月にもアビスの仲間らと7人で少年をボッコボコにして、保釈中やった。府警が大阪のミナミやキタで半グレ狩りを進めとるもんやから、比較的警戒が緩い西中島や都島に行って悪さしとるようや。ヤツらはヤクザの代わりにケツ持ちもしとるから、そっちの方に広げていっとるんちゃうかな。以前、アビスが経営しとったぼったくりガールズバーは全部閉店に追い込まれたんやが、西中島にまたオープンしたっちゅう話もある」(捜査事情通)

 菅野深海容疑者は少なくても5回以上は逮捕されている。被害者にしてみれば、二度とシャバに出てきてほしくないだろう。

関連記事(外部サイト)