86歳祖父が16歳孫娘をメッタ刺し…単なる喧嘩が原因なのか

86歳祖父が16歳孫娘をメッタ刺し…単なる喧嘩が原因なのか

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「喧嘩してたら、死んでもうたんや」

 86歳の祖父は友美さんの父親、つまり自分の長男に電話でこう伝えたという。

 福井市黒丸城町の2階建ての木造住宅で9日夜、この家に住む高校2年生の冨沢友美さん(16)が殺害された事件。福井県警は同居する祖父の無職、冨沢進容疑者を殺人容疑で逮捕した。

 事件直後、車で駆け付けた父親が1階で血まみれで倒れている友美さんを発見。10日午前0時10分ごろ、「娘が倒れていて動かない」と110番した。友美さんの胸には複数の刺し傷があり、付近には凶器とみられる刃物が残されていた。

「福井南署の警察官が現場に着いた時、祖父は1階にしゃがみ込み、呆然としていた。かわいい孫を殺してしまい、何が起きたのか分からない様子でした。『自分がやった』とも言わず、会話にならなかったそうです」(捜査事情通)

 友美さんの両親と妹は、祖父宅から車で30分ほど離れた市の東外れの住宅街に住み、祖父の家は市の西外れの集落が点在する農村地帯にあり、ちょうど市内を横断する位置関係だった。友美さんは周囲に「両親が喧嘩ばかりするから」と漏らし、2カ月ほど前から祖父の家で2人で暮らしていた。祖父の妻は脳梗塞で入院中だった。

「部屋には争った跡はなく、遺体には抵抗した際にできる防御創もなかった。1階に複数の血痕があったことから、逃げる友美さんを刃物でメッタ刺しにした可能性が考えられる。普通の感覚からすれば相当な殺意があったと想像できます。いくらカッとなったとしてもそこまでするのか。通院歴は確認されていないが、86歳と高齢ですから認知症がなかったとは言い切れません。ゼロではないと考え、体調面を気遣いながら捜査を進めている」(前出の捜査事情通)

 実は友美さん家族も10年ほど前まで、祖父宅で3世代で同居していた。祖父はもともと農業をしていたが、その後、鯖江市が隣接するということもあり、眼鏡関連の仕事に就いていた。

 一家を昔から知る近隣住民がこう言う。

「進さんも20年ほど前に脳梗塞を患い、その影響で口の動きが悪くなって、口を開けるのに苦労していました。もう86歳ですから、ボケてないとは言えません。カッとなったのかどうかは分かりませんが、進さんは若い時から他人の言いなりにはならず、おとなしい方ではなかった。孫娘は食事などの世話をしていたようですが、気が強いところがあって、自分の考えをハッキリ口にするタイプでした」

 86歳の老人が、単なる喧嘩が原因で70歳年下の孫娘をメッタ刺しにしたのだろうか。

関連記事(外部サイト)