“ヒスブル”元メンバーわいせつ行為でまた逮捕…更生プログラム「R3」を受講していた

ヒステリック・ブルーの二階堂直樹容疑者を逮捕 過去に更生プログラム「R3」受講

記事まとめ

  • ヒステリック・ブルーの元ギタリスト二階堂直樹容疑者を、強制わいせつ致傷で逮捕
  • 週2回、半年間、更生プログラム「R3」を受講したことを手記で触れていたという
  • 再犯率はR3受講者が9.9%、非受講者は36.6%だったと『犯罪白書』で明らかになった

“ヒスブル”元メンバーわいせつ行為でまた逮捕…更生プログラム「R3」を受講していた

“ヒスブル”元メンバーわいせつ行為でまた逮捕…更生プログラム「R3」を受講していた

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

紅白歌合戦(1999年)にも出場した人気バンドの元ギタリストが、また逮捕された。

■女性9人に対する性犯罪で10年間服役

 2003〜04年に東京都内の路上で女性9人に乱暴するなどして、05年、強姦などの罪で懲役12年の判決を受けた「ヒステリック・ブルー」(04年解散)の元ギタリスト、二階堂直樹容疑者(41=旧姓赤松)が23日、強制わいせつ致傷の疑いで埼玉県警に逮捕された。

 二階堂容疑者は7月6日午前2時13分、朝霞市内で帰宅中の20代女性の口を背後からふさぎ、押し倒した。女性が大声を上げたため、逃走。5日後、自首してきた。女性と面識はなく、「体を触りたかった」と供述している。

「前回、逮捕された時も、今回と同じ手口で20代の見知らぬ女性の後をつけ、襲い掛かっています。その後、当時17歳の女子高生をナイフで脅し、駐車場と公園でレイプしていたことが発覚。15〜29歳の計9人に乱暴したり、わいせつ行為に及んでいた」(捜査事情通)

 二階堂容疑者は山形刑務所に服役中の16年、月刊誌「創」に手記を寄せ、犯行理由をこうつづっていた。

<鬱病を患い、リストカットを繰り返していた。死にたかったわけではない。そういう病状なのだ。ストレスを抱えたままどうすることもできず、破滅願望や破壊衝動のようなものが生まれ、それが内側に向いたのがリストカット。外側に向いたのが犯行(の一因)なのではないかと考えている〉

 逮捕から12年目に週2回、半年間、受講した更生プログラム「R3」についても触れている。

<このプログラムの効果は昨年度版『犯罪白書』で明らかにされ、出所後の再犯率はR3受講者が9・9%、非受講者は36・6%とのことである。女性に困っていたわけでも特殊な性癖があったわけでもない。自身の再犯防止のため、R3の効果を最大限享受したいと思い受講に臨んだ>

 更生プログラムを受けても「ビョーキ」は治らなかったようだ。

関連記事(外部サイト)