クルマを置いて大雪山の森に隠れ…”のぞき魔"の1カ月逃亡

露天風呂をのぞき従業員に捕まるも森の中に逃走 駐車場の車から所有者判明し逮捕

記事まとめ

  • 北海道・大雪山の旭岳温泉のホテルで女性用の露天風呂をのぞいた男が森の中に逃走した
  • 男が車を取り戻すためやってきた所を従業員が通報し、50歳の男が所有していると判明
  • 数人の女性客が露天風呂を利用していたが、男は「女性はいなかった」と供述している

クルマを置いて大雪山の森に隠れ…”のぞき魔"の1カ月逃亡

クルマを置いて大雪山の森に隠れ…”のぞき魔"の1カ月逃亡

旭岳

ホテルの駐車場に残した自家用車から足がつくとは、何ともマヌケな「のぞき魔」だ。

 北海道・大雪山の旭岳温泉のホテルで女性用の露天風呂をのぞき、逃走していたオッサンが、1カ月経って捕まった。

 建造物侵入の疑いで7日、北海道警旭川東警察署に逮捕されたのは、旭川市の無職、関谷浩二容疑者(50)。

 朝晩の冷え込みで旭岳の木々が色づきはじめた9月8日のこと。関谷容疑者は午後9時35分ごろ、ホテル1階の露天風呂の横にある従業員通路からネットをくぐって女風呂に侵入。上半身を乗り出し露天風呂をのぞきこんでいた。わずか5分後、ホテルの従業員が関谷容疑者を見つけ、「何をしてるんですか」と声を掛け、その場で取り押さえた。往生際の悪い関谷容疑者は従業員の手を振り払い、ホテル奥の深い森の中に逃走。従業員が追いかけたが、逃げ足が速く、見失ってしまった。

「宿泊客が全員チェックアウトした後、見掛けない車が、普段は従業員が車を止めている遠くの空いているスペースにポツンと残されていた。しばらく経ってから、関谷容疑者らしき男が車を取り戻すため、再びやって来た。止めっ放しの車に近づく怪しい人物がいたので、ホテルの従業員が通報したのですが、その時も逃走しました。警察が車を押収して調べたところ、関谷容疑者が所有していることが判明した」(捜査事情通)

 調べに対し、「露天風呂をのぞいたが、女性はいなかった。露天風呂と外を隔てるネットはくぐったが、上半身しか入っていない」と呆れた言い訳をしている。当時、数人の女性客が露天風呂を利用していたが、被害届は出ていない。

 現場のホテルは「大雪山旭岳ロープウェイ」の近くにあり、9月初旬はちょうど「Go To キャンペーン」効果で客足が戻りつつあり、例年、登山客も増える時期だった。それを目当てに、わざわざ約50キロ離れた旭川から「のぞき」に訪れたのだろうが、1カ月の逃亡生活を余儀なくされ、自宅近くの路上で警察官に見つかり、御用となった。

関連記事(外部サイト)