満員電車内で自慰行為を…59歳小学校教頭の見苦しい言い訳

神奈川県内の小学校教頭が9日、暴行の疑いで逮捕 帰宅ラッシュの電車内で自慰行為か

記事まとめ

  • 電車内で女子生徒に体液をかけたとして、武井雅典容疑者が9日、暴行の疑いで逮捕
  • 帰宅ラッシュで混雑の車内で武井容疑者は女子生徒の後ろで自慰行為にふけっていたとも
  • 同容疑者は事件当日、年次有給休暇を取って自宅のある伊勢原市から東京都まで「遠征」

満員電車内で自慰行為を…59歳小学校教頭の見苦しい言い訳

満員電車内で自慰行為を…59歳小学校教頭の見苦しい言い訳

逮捕され送検される武井雅典容疑者(C)日刊ゲンダイ

「体液が出たのは間違いないが、短パンだったのでかかってしまったのかもしれない」

 ぶっかけ教頭はこんな下手な言い訳をしているという。

 電車内で川崎市の中学1年の女子生徒(12)に体液をかけたとして、神奈川県伊勢原市立桜台小の教頭、武井雅典容疑者(59)が9日、暴行の疑いで県警多摩署に逮捕された。

 武井容疑者は9月16日午後5時ごろ、小田急線下北沢―登戸間を走行中の急行車内で、ドア付近に立っていた女子中学生の背後にそーっと近づき、女子生徒の右手首に精液をぶっかけた。

「当時、電車は帰宅ラッシュで混んでいた。武井容疑者は女子生徒の後ろでイチモツを露出し自慰行為にふけっていた。それに気付いた女子生徒が驚いて離れようとしたところ、女子生徒の手首に射精した。登戸駅の駅員が電車から降りてホームで泣いている女子生徒を見つけ、事情を聴いて警察に通報した。武井容疑者も登戸駅で下車していたが、その場から立ち去っていた。2人に面識はなかった。防犯カメラの解析映像から、武井容疑者の関与が浮上しました」(捜査事情通)

 調べに対し、「故意ではなかった」とトボけているという。

 武井容疑者は事件当日、年次有給休暇を取って自宅のある伊勢原市から東京都まで「遠征」し、犯行に及んでいた。

■昨年は同校教諭が女児の裸の写真を送らせ逮捕

 桜台小学校をめぐっては、昨年2月にも当時31歳の教諭が奈良県内に住む小学校6年の女子児童(12)に自撮りさせた裸の写真をLINEで送らせ、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されている。

「教諭は神奈川県に住む小学校6年の女の子の名前を名乗り、被害女児と知り合った。その後、LINEを交換し、女の子のフリをして何度かやりとりし、上半身裸の女の子の写真を送信。『私にも〇〇ちゃんの裸の写真を送って』とメッセージを送り、女子児童の裸の写真を手に入れた」(別の捜査事情通)

 武井容疑者は昨年4月、市内の中学校から桜台小学校に赴任。管理職の武井容疑者自身が教職員に対し、再発防止を徹底させる立場にあった。定年まで残り4カ月半。懲戒解雇となれば2000万円以上といわれる退職金もパーだ。

「二度とこのようなことが起こらないようにという決意のもと、不祥事防止に取り組んでまいりましたが、どこかに反省すべき点があった」(伊勢原市学校教育課)

 同じ小学校の教諭と教頭が立て続けに性犯罪でパクられるとは、子供たちにどう説明するのか。

関連記事(外部サイト)