ワインに睡眠薬を入れ…リクルート関連エリート社員は「昏睡レイプ魔」だった

リクルートコミュニケーションズ社員、女性のワインに睡眠薬を入れ準強制性交で逮捕

記事まとめ

  • リクルートコミュニケーションズの社員が、準強制性交の疑いで、逮捕された
  • 30代女性と2人で食事をし、睡眠作用のある薬を白ワインに混入させ女性は意識朦朧に
  • 容疑者は女性を介抱するフリをして自宅に連れ込み、服を脱がせ、女性を陵辱したという

ワインに睡眠薬を入れ…リクルート関連エリート社員は「昏睡レイプ魔」だった

ワインに睡眠薬を入れ…リクルート関連エリート社員は「昏睡レイプ魔」だった

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

エリートサラリーマンは酒にクスリを盛っては、知り合いの女性を次々毒牙にかけていた。

 睡眠薬入りのワインを飲ませて意識朦朧とさせ、わいせつな行為をしたとして、リクルートの関連会社「リクルートコミュニケーションズ」(東京都中央区)の社員、丸田憲司朗容疑者(30)が12日、準強制性交の疑いで、警視庁捜査1課に逮捕された。

 6月27日夜、丸田容疑者は渋谷区神宮前のレストランで3カ月前に知り合った30代女性と2人で食事をした。女性が席を立ったすきに、持参した睡眠作用のある薬を白ワインに混入させた。何も知らない女性はワインを口にし意識朦朧の状態になった。丸田容疑者はさっさと会計を済ませると、店を出て女性をタクシーの後部座席に押し込み、自宅のある四谷に向かった。

■介抱するフリをして自宅に連れ込み

「女性は肩を借りないと歩けないほどの状態だったそうです。丸田容疑者は女性を介抱するフリをして自宅マンションに連れ込み、服を脱がせ、抵抗できない女性を陵辱した。翌日、まったく見覚えのない家で目覚めた女性は体の異変を感じたが、丸田容疑者に近くの駅まで送られた。自宅に戻り、やはり何かおかしいと思い、近所の交番に相談し届け出たのです。検査をしたら体内から睡眠薬の成分が検出された」(捜査事情通)

 2人は今年3月、共通の友人の家でパーティーをした時に知り合い、LINEを交換した。それ以来、やりとりはしていたが、2人きりで会うのは、この日が初めてだった。丸田容疑者が住むマンションは1Kでも15万円、高い部屋は1LDKで26万円もする高級賃貸だった。

 丸田容疑者は「間違いありません」と容疑を認め、「他にもやった」と複数人に対し、同様の行為をしたことをほのめかしていて、警視庁は他に被害に遭った女性がいないか調べている。丸田容疑者は数人を眠らせられる大量の薬を所持していた。

 丸田容疑者が勤務する「リクルートコミュニケーションズ」は、リクルートグループ各事業のウェブ広告の配信や、マーケティング業務などを担っている。

 丸田容疑者とみられる人物が、大学生とのマッチングアプリに投稿し、就職活動の相談に乗っていた。それによると、丸田容疑者は一流国立大法学部卒で経営コンサルタント会社を経て3年前に転職。アプリには丸田容疑者と面接した女子大生の「丸田さんは、初対面の人でも話しやすい環境をつくるのが上手な方で、私自身緊張せずお話ができました。次は、少しでも今の自分からランクアップした自分になってお会いできたら幸いです」という書き込みがあった。

 就職相談に乗るようにみせかけ、好みの女性を物色していたのだろうか。

関連記事(外部サイト)