東北大学、入学式延期を発表 県・仙台市「独自の緊急事態宣言」下で「苦渋の決断」

東北大学、入学式延期を発表 県・仙台市「独自の緊急事態宣言」下で「苦渋の決断」

東北大学、入学式延期を発表 県・仙台市「独自の緊急事態宣言」下で「苦渋の決断」の画像

東北大学は、2021年4月2日に予定していた21年度の入学式を延期する。3月26日、発表した。

総長による「祝辞」をサイトに掲載予定

3月下旬現在、宮城県における新型コロナウイルス感染症の感染者が急増している。3月18日には宮城県・仙台市共同で独自の緊急事態宣言を発令し、25日からは仙台市で時短要請が始まっている。しかし25日までの3日連続で感染者が100人を超えるなど感染拡大は止まらず、予断を許さない状況だ。

仙台市内にキャンパスがある東北大学は、このような状況を踏まえ、安全確保及び感染拡大防止等の観点から式典について「延期」とすることを決定したという。なお、オリエンテーションや新入生健康診断、講義の開始は予定どおり行う。延期された式典の日程や開催方法については、ウェブページ等で改めて発表される。

東北大学はサイト上に載せた発表文で、「入学式は人生の節目となる皆様にとってかけがえのない行事であり、本学での学びをスタートする重要な式典であることから、必要な感染防止対策を講じたうえで開催する方法を検討してまいりました」として、入学式の実施についてギリギリまで模索していたと明かし、「結果的に、新入生及び保護者の皆様にこのようなお知らせを差し上げなければならないことは、誠に残念で申し訳なく存じますが、この度の苦渋の決断につきましては、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」と結んでいる。

また、延期された入学式に合わせ、東北大学総長による「祝辞」をホームページへ掲載する予定だ。

ツイッターでは、東北大学附属図書館のアカウントからも「新入生のみなさまへ。残念なお知らせとなってしまいました...でもオリエンテーションなどは予定通り実施のようです 4月を楽しみにしていてくださいね」とのアナウンスが投稿されている。

×