芸能人も多数撮影、人気写真家に「セクハラ疑惑」 複数女性が訴え...ソニーは起用広告を削除

芸能人も多数撮影、人気写真家に「セクハラ疑惑」 複数女性が訴え...ソニーは起用広告を削除

芸能人も多数撮影、人気写真家に「セクハラ疑惑」 複数女性が訴え...ソニーは起用広告を削除の画像

著名タレントを多数撮影している写真家の高橋優也氏(27)からセクハラ行為を受けたとの訴えが、複数の女性から上がっている。関係者がそうした声をツイッターで公開したことで、ネットで注目を集めている。

高橋氏は、この関係者の投稿を受けたものかは明言していないものの、「自分の言葉により傷つけてきた」などと自らのインスタグラムで謝罪した。その後、高橋氏がカメラなどをPRするソニーの製品広告ページが削除されたが、ソニーは、コメントを控えたいとしている。

セクハラ行為を訴えるDMが公開された

高橋氏は、シンガポール出身の著名写真家レスリー・キー氏に師事し、フリーとして独立して、キングコング西野亮廣さん(40)やAKB48峯岸みなみさん(28)らの撮影を手がけた。人気ユーチューバーグループの東海オンエアや俳優の城田優さん(35)ら幅広く撮影を担当し、作品を自らのインスタなどで紹介している。ソニーの公式サイトでは、「デジタル一眼カメラα」などのPRページにも起用されていた。

高橋氏のセクハラ疑惑については、2021年3月19日ごろにツイッター上で話題になった。

この疑惑を取り上げた関係者は、制服姿を撮りたいと友達とともに呼ばれたときにセクハラ行為があったと訴える、ある女性のダイレクトメッセージ(DM)をツイートで公開した。この女性が高橋氏に抗議すると、もうタレントらを紹介できないと言われたという。

また、これとは別とみられる女性と高橋氏との間で2018年8月にあったというSNS上のやり取りが投稿され、撮影のときにセクハラ行為があったかのような内容になっていた。

高橋氏は、この関係者の投稿の1つに不快感を示すリプライ(返信)を送っていた。そして、関係者の投稿内容を受けたものかははっきりしないが、21日になって、インスタで次のような謝罪文を出した。

本人はインスタで「事実でないことも中にはあります」

「今回、Twitterでのあるやり取りがきっかけとなり、多くの方にご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳なく思ってます。
事実ではないことも中にはありますが、これも全て僕の身から出たサビです。
これまで自分の言葉により傷つけてきた人たちや、自分の弱さゆえに謝れなかった人も沢山います。今回の件でひとりの人間として、ひとりの表現者として人の痛みに寄り添い、言葉を大切にして発言するべきだったと思いました。
僕に対するいろんな想いや意見は全て受け止めます。その上で今回の件、そして変えることのできない過去の行いも含めて反省し、今後の人生を賭けて、クリエイティブを通して自分自身の在り方を表現していければと思います」

一方、前出の関係者は、高橋氏のセクハラ行為などを訴える女性からのメッセージが20件ぐらい来ているともツイッターで明かした。

J-CASTニュースでは、こうした行為を受けたなどとした複数の女性に取材して、その話を聞いた。

ある20代の女性は、6年ほど前にダンス公演の撮影をきっかけに高橋氏と出会い、その後、高橋氏からSNS上でメッセージが来て、撮影だと言われて2人だけで会った。その際にセクハラ行為があったという。

もう会うのを止めようとしたが、高橋氏から謝るようなメッセージがあり、タレントらと知り合えると言われたことから、その後も会った。しかし、2018年秋ごろまで同様な行為が続いたとし、「自分自身売れたいという思いと、これは間違っている行為だから訴えたい、でも恨まれたらどうしよう」といった葛藤があると明かした。

高橋氏はツイッター削除、ソニーは「コメントは控えたい」

また、別の20代女性は、友人の女性が1、2年前に高橋氏と仕事で関わりを持っていたが、そのときにセクハラ行為があったと取材に答えた。友人が高橋氏にお金を貸したところ、この友人の失敗を口実にして返してくれないトラブルがあったとも明かした。この20代女性は、他にもセクハラ行為を訴えた人がいることを初めて知ったといい、「本当に私も友人以外に被害者が複数いると知り、びっくりです」と漏らしていた。

J-CASTニュースでは3月22日、公式サイト上の問い合わせメールやツイッターのDMを通じて、高橋氏に取材依頼した。高橋氏のツイッターアカウントは、その後削除されてしまい、26日20時現在も高橋氏から連絡は来ていない。

一方、ソニーの広報部に22日、高橋氏のセクハラ疑惑について取材依頼すると、高橋氏を起用した同社のスマートフォン「Xperia」のサイトがその後に削除され、24日になって、「本件については、当社からのコメントは控えさせていただきます」と連絡があった。そして、25日になって、今度は高橋氏起用のデジタル一眼カメラαのサイトも削除されている。

高橋氏から回答があり次第、追記する。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

×