復興庁が公開した放射性物質トリチウムの「ゆるキャラ」が物議 復興庁は意義を強調

記事まとめ

  • 復興庁が公開した、放射性物質トリチウムを模したキャラクターが物議を醸している
  • 「ALPS処理水」の安全性をアピールするために作成され、ポスターや動画に掲載された
  • 「まず関心を持ってもらうということが必要」と意義を強調している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております

×