上白石萌音のパラグライダー、カラビナのロック一時外れていた 日テレ番組に「危険」指摘...運営会社は「強風でミス」

上白石萌音パラグライダー飛行でカラビナのロック一時外れる 運営会社「強風でミス」

記事まとめ

  • 日本テレビ系『沸騰ワード10』で佐藤栞里が上白石萌音にパラグライダー初体験を贈った
  • ロープ固定具のカラビナが開いたままになった映像が一時流れ、心配する声が相次いだ
  • 担当した会社は「強風でミスがあった」、日テレは「会社の指示に従い撮影」とコメント

上白石萌音のパラグライダー、カラビナのロック一時外れていた 日テレ番組に「危険」指摘...運営会社は「強風でミス」

上白石萌音のパラグライダー、カラビナのロック一時外れていた 日テレ番組に「危険」指摘...運営会社は「強風でミス」

上白石萌音のパラグライダー、カラビナのロック一時外れていた 日テレ番組に「危険」指摘...運営会社は「強風でミス」の画像

日本テレビ系のバラエティ番組で、女優の上白石萌音さん(23)がモーターパラグライダーを初体験したところ、ロープ固定具のカラビナが開いたままになった映像が一時流れ、ツイッター上で心配する声が相次いだ。

体験飛行をした会社側は、「強風でミスがあった」とJ-CASTニュースの取材に説明した。日テレの広報部は、「会社の指示に従って撮影した」とコメントしている。

カラビナのロックが外れて、今にもロープが取れそうだった

「やってみたかった」とパラグライダー搭乗を喜んだだけに、上白石さんは、「気持ちいい」と上空で笑顔を見せる。

ところが、映像右側の赤色のカラビナを見ると、ロックが外れて、今にもロープが取れそうだった...。

体験搭乗は、2021年4月16日夜放送の日テレ系番組「沸騰ワード10」で紹介され、上白石さんは、千葉県内の海岸でインストラクターとともに空を飛んだ。モデルの佐藤栞里さん(30)から初体験をプレゼントされたという。

2人とも、プロペラだけのシンプルなモーターを前に、「怖っ」とおどけたが、飛行がそれぞれ始まると笑顔が弾けた。澄み切った青空の下、沈む夕日に照らされた富士山の風景を前に飛行を楽しんでいた。

映像は、和やかな雰囲気だったが、ロックが外れたカラビナを見たパラグライダー愛好者らからは、放送後に懸念する声がツイッター上で相次いだ。

「見た瞬間血の気が引いた... めちゃくちゃ危ないじゃん」「安全管理どうなってたんだろう?」「萌音ちゃんと栞里ちゃんに何も無くて良かった」

さらに、ロックがかからず装着が楽なようにガムテープが巻いてあるのではないかなどと、他にいくつかの疑問点も指摘されている。

今回の体験搭乗を担当し、千葉県富津市内でモーターパラグライダーなどのスクールをしているスカイエンジェルに19日に取材すると、同社の萩原光代表は、こう説明した。

「インストラクターが気付いてロック。危険はそんなになかった」

「当日は、風が強くて、スタッフがパラグライダーを押さえて作業しましたが、カラビナにロープが挟まって、ロックできない状態で飛び立ってしまいました。上白石さんの後ろにいたインストラクターが僕で、気が付いてすぐにロックしました。ロックが外れていたのは、ほんの一瞬ですし、僕がサポートしていたので、落ちるなどの危険はそんなになかったと思っています」

カラビナ辺りにガムテープが貼ってあるのは、振動で緩んでロックが動かないよう、安全のためにテープを巻いているとした。

「40年近くやっていますので、ゼロとは言えませんが、めったにあることではありません。いつもそんなことはなく、あったら困りますよ」

日テレ側からは、危険だったかどうか問い合わせが来て、問題はないと回答したとも明らかにした。

萩原代表は、国内の愛好者らでつくる日本パラモーター協会の会長もしている。この協会を統括している日本航空協会は4月19日、今回の件について、航空スポーツ室の担当者が取材にこう話した。

「安全に危惧されるところがありますので、パラモーター協会所属の団体や愛好者に対し、講習会などを通して、安全の確認と注意喚起をするようにお願いしました」

日本テレビの広報部は20日、取材にこうコメントした。

「上白石萌音さんのシーンで、カラビナ(金具)が、完全には閉じていませんでした。今回ご協力頂きましたモーターパラグライダーの会社が安全確認を行い、その指示に従って撮影をしました。ご出演頂いた皆様には、この状況を説明し、お詫び致しました。視聴者の皆様にはご心配をおかけいたしました。今後はより一層、安全に注意して撮影をしてまいります」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

×