家庭内暴力書いた高校生の「似顔絵・匿名報道」に称賛 「どんな形でも作文を報じ、伝えたかった」河北新報の熱意

家庭内暴力書いた高校生、全国コンクールで最高賞を受賞 河北新報の匿名報道に称賛

記事まとめ

  • 宮城県の高校生、賀井暁月さんが、読書体験記の全国コンクールで最高賞を受賞した
  • 賀井さんは自身の体験した家庭内暴力を書き、河北新報は本名や顔写真を用いず報じた
  • この報道方法に、SNSでは「受賞作も似顔絵掲載のアイデアもレベル高い!」などと称賛

家庭内暴力書いた高校生の「似顔絵・匿名報道」に称賛 「どんな形でも作文を報じ、伝えたかった」河北新報の熱意

家庭内暴力書いた高校生の「似顔絵・匿名報道」に称賛 「どんな形でも作文を報じ、伝えたかった」河北新報の熱意

家庭内暴力書いた高校生の「似顔絵・匿名報道」に称賛 「どんな形でも作文を報じ、伝えたかった」河北新報の熱意の画像

2021年6月16日に公開された河北新報宮城県仙台市)の記事がSNS上を中心に注目を集めている。地元・宮城県の高校生が、読書体験記の全国コンクールで最高賞を受賞したことを報じた記事だ。

受賞したのは賀井暁月(かいあかつき)さん。これはペンネームだ。自身の体験した家庭内での暴力を、米国人作家H・P・ラヴクラフトが小説で描き出した恐怖を通して考察を深める。

こうした背景を考慮し、河北新報は賀井さんの本名や顔写真を用いずに報じた。写真欄には、賀井さんの友人が描いた似顔絵を掲載している。この報道方法がSNS上で「斬新な発想」「受賞作も似顔絵掲載のアイデアもレベル高い!」などと注目を集め、話題となった。

J-CASTニュースは2021年6月18日、河北新報社に似顔絵を載せた経緯などを取材した。

「私の家庭には暴力があった」

賀井さんの読書体験記のタイトルは「世界にゆさぶりをかけるもの」。「私の家庭には暴力があった」という衝撃的な書き出しから始まる。

題材としたのは「ラヴクラフト全集」で、描かれた世界観は「クトゥルフ神話」として知られている。賀井さんは、この世界の「恐怖」に魅了された理由を考察する。そして、ラヴクラフトが他者と関わる言葉と強い意志を与えてくれたのだと振り返っている。

同作は、2020年に開催された第40回全国高校生読書体験記コンクール(一ツ橋文芸教育振興会主催)で、最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。選考委員で歌人の穂村弘さんは同作を「読書体験、さらには文学というものの根源に迫るような凄みを感じた」と評する。

この件について河北新報は2021年6月16日、賀井さんへの取材も行ったうえで「暴力と恐怖の本質を考察 宮城の賀井さん、読書体験記で最高賞に」と報じた。取材に応じた河北新報社の担当者はこう話す。

「担当記者は、この作文に強いインパクトを受け、どんな形であってもこの作文を報じ、多くの人に読んでもらいたかったそうです。
しかし今回の取材は非常に難航しました。様々なハードルがありましたし、取材には多くの時間を要しました」

河北新報は宮城県を拠点とする地元密着な新聞だ。詳細に報じれば、賀井さんが特定されてしまう恐れもある。記事化にあたっては細心の注意を払いつつ、作文の魅力を伝えられるよう取り組んだとのことだ。

「社会の良心に感謝しています」

河北新報の担当者によれば、賀井さんへの取材は、顔写真を掲載しない、本名を記載しないといった条件で実現した。その取材の中で、賀井さんの学校の先生が似顔絵を掲載することを提案してくれたのだという。河北新報は本人らの了解を得たうえで、賀井さんの似顔絵を掲載した。

紙面には、ボブヘアの女子高校生のイラストが掲載されている。やや重たげな前髪によって左目は少し隠れ、影がかかっている。一方で髪の分け目から覗く右目には、明るい光が差し込んでいる。

SNS上では「"友人が描いた賀井さんの似顔絵"かわいい」「友達のイラスト上手い」などと大好評だ。

こうしたSNS上での反響について、河北新報の担当者は驚いた後、こう述べた。

「プライバシーへの配慮が好評であったことは、こちらとしてもとても嬉しく存じます。社会の良心に感謝しています」

そして、ぜひ賀井さんの読者体験記を読んでほしいと訴えた。

賀井さんの読者体験記は、一ツ橋文芸教育振興会の公式サイト上に掲載された「入賞者発表冊子」から読むことができる。