「こんな幸せな時代だからこそ...」 りゅうちぇるが「慰霊の日」に呼びかけたこと

「こんな幸せな時代だからこそ...」 りゅうちぇるが「慰霊の日」に呼びかけたこと

「こんな幸せな時代だからこそ...」 りゅうちぇるが「慰霊の日」に呼びかけたことの画像

沖縄県出身のタレント・りゅうちぇるさん(25)が2021年6月23日、沖縄戦戦没者を追悼する「慰霊の日」にあわせて、平和への願いをSNSで訴えた。

2021年は沖縄戦終結から76年を迎える。

「戦争のない、平和な世界を願いましょう」

これまでも、慰霊の日にあわせて、故郷や平和への思いを発信してきたりゅうちぇるさん。今年もツイッターとインスタグラムのストーリーに、「今日6/23は慰霊の日です」から始まる文章を投稿した。

「沖縄では毎年、慰霊の日の正午12時に二度と、悲しみを繰り返さないよううーとーとー(手を合わせて黙祷すること)をします」
「沖縄県民だけでなく1人でも多くの方が、戦争のない、平和な世界を願いましょう。『願う』ことは『意識』することに繋がると思います」

続けて、終結から76年が経った沖縄戦について、「たしかに昔のことかもしれない」「想像しにくいかもしれません」と前置きをしたうえで、

「ですが、こんな幸せな時代だからこそ一人一人がきちんと意識して生活していかないとまたいつか戦争の辛さを何も知らない所から、悲しみが繰り返してしまうから。ぜひ、願いましょう。勇気を出して戦争体験を話してくださった方々の気持ちも、受け継いでいきましょう」

と改めて呼びかけた。