児童5人死傷、無関係企業に勘違いクレーム殺到 事故後に電話数十件...「ノイローゼ状態になりそうです」

小学生の列にトラック突っ込み5人が死傷 親会社と同じ読みで漢字異なる企業に苦情も

記事まとめ

  • 千葉県八街市で2021年6月28日、小学生の列にトラックが突っ込み5人が死傷した
  • 事故を起こしたのは、建設会社「南武」の子会社「南武運送」に勤めるトラック運転手
  • 親会社と同じ読みで漢字が異なる企業に苦情電話が相次いでいるという

児童5人死傷、無関係企業に勘違いクレーム殺到 事故後に電話数十件...「ノイローゼ状態になりそうです」

児童5人死傷、無関係企業に勘違いクレーム殺到 事故後に電話数十件...「ノイローゼ状態になりそうです」

児童5人死傷、無関係企業に勘違いクレーム殺到 事故後に電話数十件...「ノイローゼ状態になりそうです」の画像

千葉県八街市で2021年6月28日、小学生の列にトラックが突っ込み5人が死傷した事故で、無関係の企業に間違い電話が殺到している。

同社は対応に追われ、業務に支障をきたしている。

説明しても納得しない電話相手も...

事故を起こしたのは、建設会社「南武」(東京都葛飾区)の子会社「南武運送」(八街市)に勤めるトラック運転手の男性だった。

しかし、親会社と同じ読みで漢字が異なる企業に苦情電話が相次いでいる。

同社は29日、J-CASTニュースの取材に「間違い電話や無言電話が非常に多く、昨日から頭が痛くてノイローゼ状態になりそうです」と話す。

事故発生から数十件の電話があり、29日午後以降だけでも10件ほどあった。同社名をネットで検索すると、いわゆるトレンドブログ(トレンドアフィリエイト)やまとめサイトなどが事故を起こした会社だと紹介していた。

「弊社は関係ないと説明したら理解してくださる方もいれば、『いや、なんなんだ』と話がかみ合わない方もいました」

取引先にも不安が生じており、説明に時間を割く事態にもなっている。警察からの助言を受け、現在は公式サイトで無関係である旨を説明している。