コスプレ専門誌「不適切な手法」紹介で謝罪 ガムテープ使ったバストアップ術に危険性の指摘

コスプレ専門雑誌「COSPLAY MODE(コスプレイモード)」は2021年7月28日、ツイッター上で公開したコスプレイヤー向けのバストアップ方法について、「不適切な手法」が含まれていたとして、該当ツイートを削除したと発表した。

話題となったのは、布ガムテープを直接肌に巻き付けるバストアップ方法。SNS上のコスプレイヤーたちから「辞めた方がいい」といった声が寄せられていた。

■「皮膚持ってかれるぞ......」

コスプレイモードは27日、ツイッター上でコスプレイヤー向けのバストアップ方法を画像で紹介した。バストのカップ部分に直接貼りつけて使う女性用下着・ヌーブラを着用後、脇下などに布ガムテープを直接巻き付け、胸の肉を盛り上げるという手法だ。

コスプレイヤーの間では、テープを用いて顔や体の肉を引き上げることで、体形や顔つきをキャラクターに近づける「テーピング」という技術が確立している。今回のバストアップ方法についても、体形補正のテーピング技術として紹介された。

しかしSNS上のコスプレイヤーたちの間からは、

「真面目にガムテは肌やばいよ皮膚剥けるよ(経験者)」

「ガムテープもビニールテープも一通りやったけど、皮膚持ってかれるぞ......夏は特に......」

といった指摘が相次いだ。

昨今はコスプレ専用のテープが販売されているが、それ以前はガムテープなどを代用しているコスプレイヤーも少なくなかったようだ。しかし肌に直接使うことが想定されていないテープを用いると、剥がす際に肌を痛めてしまうこともあるという。そのため、今回の投稿には「いつの時代を生きてるの」「大昔の手法ですよね」といった声がSNSで広がった。

■「お肌を大切に、安全にコスを楽しんで下さい」

コスプレイモードは27日、布ガムテープを用いたバストアップ方法に関する投稿を削除。翌28日、「不適切な手法が含まれておりましたので削除させて頂きました」としてこう伝えた。

「令和ではシリコンパット、5倍盛りヌーブラ等様々な文明がございます
お肌を大切に、安全にコスを楽しんで下さい」

今回の投稿について指摘したコスプレイヤーに対しては、個別にリプライで謝罪を行っている。その投稿によれば、ツイッター上に掲載したバストアップ方法を紹介する画像は、シリコンパッドなどがまだ普及していない3年前に本誌に掲載したものだったという。これを20年に入社した若手社員がSNS上で紹介してしまったとして、

「全てチェックミスが招いたものです。色々とお騒がせして申し訳ございません。今後このようなことがないよう努めてまいります」

と再発防止に努めると述べた。

関連記事(外部サイト)